無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

これから面倒くさいので雹狐あなたの事を、あなたと、表示する事にします
ゴメンネ
-------------------------------------------------------------------------
あなた「えっっと?」







五条悟「うーん、、、どっから話そうかなぁ」





五条悟「あっそうだ、君呪霊、、見えるよね?」





あなた「呪霊??」





五条悟「うん、なんか気持ち悪い奴」




あなた「あぁ、見たことありますよ」






五条悟「それを祓うのが呪術師っていうやつで_________」
________________





あなた「成る程、、、、」








五条悟「分かった?」






あなた「大体は、、、、、」






あなた「でも、私そんなの祓えませんよ、、、無個性ですし、、、、」







五条悟「個性は呪霊には効かないよ?さっき言った通り呪力が関係してくるんだ」







あなた「ほへ〜〜」
正直わからん
何言ってるのか







五条悟「で、あなたには物凄い量の呪力と術式があるって事」







あなた「私にですか?!」







五条悟「そうそう」







あなた「でも使った事ないですよ?」








五条悟「大丈夫大丈夫!僕最強だから⭐️」








あなた「答えになってません」









五条悟「まっ冗談はさておき」








五条悟「まず、雹九尾出してよ」









あなた「雹九尾??」








五条悟「さっき言った奴」









あなた「特級呪霊って奴ですか?」








五条悟「そうそう、適当に出ろーとかやったら出るでしょwww」









あなた「えぇそんな簡単にできるものなんですかね」










あなた「デッデロー」
すると、、、手から紫色の霧が吹き出し、晴れると
所々青い小狐がいた
出た、、、、
出ちゃったよ、、、、
雹九尾「主ー!会いたかったぞよぉ」







あなた「うわわわわわわ」
もふもふだぁ♡
可愛い、、、、、
五条悟「そいつが雹九尾ね」






五条悟「雹九尾ー僕説明すんのめんどいから後宜しくー」
あっ丸投げしたな








雹九尾「ゑ?」





あなた「どっどんまい!」






雹九尾「そっそうじゃな」






雹九尾「まずは、、、、、」
五条悟side
ふっふふーん
いやーうまく逃げれたなー
あなた「術式順転 雪
五条悟「案外らくしょu!!」






シュンッ






五条悟「あっぶなあああああ」















あなた「あれ?外しちゃった」







五条悟「えええええええ!!もう使えるようになったの?!」





あなた「うん、教えてもらった」







あなた「今は術式順転と、術式反転が使えるよ?領域展開は、まだ無理だけど、、」








五条悟「えぇ、、、凄い」








あなた「と言うわけで、、、、、、恨み晴らしに遊ば殺させて?」








五条悟「ぎゃああああああああああああああ」
その後五条悟を見たものはいなかったと言う、、、、、






五条悟「嘘だからね?!」
--------------------------------------------------------------------
あなた「ふふ、、もう遅い、、、、、ムニャムニャ」
あなた「はっ夢か、、、、」








五条悟「あなたどうしたの?もしかして、、怖い夢でも見た?」
五条悟「なら僕の胸に飛び込んできな!!」






あなた「黙れ不法侵入者」







五条悟「えっひどい()」







あなた「ひどいと思うなら不法侵入をやめろ」






五条悟「そんな事より!何の夢見たの?」








あなた「そんな事よりじゃねえよ、、、、すんごい昔の夢見てた」







五条悟「そっかぁ」