無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第17話

解決
あなた「さて、どうなるかな」
あなた「うわ、何あの気持ち悪いやつ」
あなた「脳とび出てんじゃん、相澤先生と手の奴なんか話してるし」
あ、蛙水?だっけ、死にそう
ま、私には関係の無い事
???「ほんっとかっこいいぜ、イレイザーヘッド」
!!!!
あなた「はぁ........マジかよ」
気持ち悪い生物が相澤先生の頭を地面にぶつけようとした瞬間
パァン
「ギョエエエエエエエエエ」
凄まじい破裂音と共に両腕が破裂した
あなた「私は五条先生じゃないから手加減は出来ないけど許してね」
『術式展開___うるる
ドゴォォォォ
???「は?」
???「なんだよ........もう殺られてんじゃねぇか....強い....強すぎだろ呪術師!!!!」
そう言うとボリボリと顔をかき始めた
??.「ヒーローと呪術師が組むなら......こっちだって呪詛師と組んでやるよ」
???「じゃあな!!呪術師!!!!」
ボウン
クソッ煙幕か
霧が晴れた頃には
『逃げられた.......』
相澤「なんで俺を助けたんだ?」
相澤「契約上では関わらないと言っていたが」
あなた「善人だったから」
相澤「は?」
あなた「命懸けで生徒を助けた姿は善人だったから」
あなた「しかも、善人が目の前で死ぬのは、ちょいトラウマだからね」(ボソッ)
相澤「.......そうか、有難う」