無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

戦闘訓練
ヒーロー基礎学
オールマイト「わーたーしーがー普通にドアからキタァ!!!」
1-A「おぉ〜〜」


上鳴「おぉ〜オールマイトだ!!!」



切島「すげぇ本当に教師やってんだな」



蛙吹「あれ、シルバーエイジのコスチュームだわ」
やばい
どうでも良すぎてねみぃ


昨日12時まで任務だったんだよなぁ


よし、寝よう


あなた「💤💤💤」
???「……さん!………きて!」


麗「那月さん!起きて!」
あなた「ん、、、あぁ移動か?」



麗「そう、コスチュームに着替えてグラウンドβに行くの」




あなた「あ"ー今行く」
着替え中



芦戸「那月さんのコスチューム真っ黒なのに凄い綺麗に見える!!!」
 
あなた「あっそ」

その後オールマイトから戦闘訓練の説明をされた
なんでも二人一組でやるらしい


なんだけど



那月怜  ★

グイッ (オールマイトの胸ぐらを掴み)


あなた「おい、★ってどう言う事だ、二人一組って言ったよな」



オールマイト「れれれれれ怜少女!!!これは一人余っちゃうから適当に入れた候補であって」



オールマイト「相手とか仲間は好きに選んでいいんだ」


怜「ふーんじゃあ最後にしてください」
順番が回ってきて


怜「んーじゃあ轟と爆豪と八百万と飯田とオールマイトで」



オールマイト「敵がかい?」



あなた「そうだけど」



オールマイト「仲間は?」




あなた「居ないけど?」



轟/爆豪/飯田/八百万「は?」



あなた「はい始めよー」



会場



相澤「《えー今から戦闘訓練を始める》」



シュンッ
???「はいはーい、マイクかーして」



相澤「?!五条さん?!」
は?五条先生きてんの?



五条悟「怜ーアレは使っていいけど雪までね、雨出すと木っ端微塵になるから」


五条悟「雹九尾も禁止ー」



五条悟「刀は使っていいよー、あ、雹九尾出したらチューね」
は?きも
グッと中指を突き出して言った


あなた「◯ね」


相澤「嫌われてるんですか?」



五条悟「いやいやー彼女なりの照れ隠しだよー」


相澤「(そうは見えないけどな)」



相澤「《えーそれでは、、、スタート》」

ふんふふん
さーて何秒かかるかなー



バンッ
あなた「おっきたね」



あなた「意外と早かったジャーンオールマイト」




オールマイト「あの時の借りを返しにきたぜ」



あなた「まっ私に敵う日は来ないと思うけどねー」




オールマイト「行くぞッッ」
バタッ



あなた「おっそいねー」




あなた「まるで亀でも見てるような気分だよ」




あなた「なーんて、気絶してるから聞こえないか」



爆豪/轟「は?」




爆豪「あの、オールマイトが、、、一撃で、、だと、、、」




あなた「だから言っただろ敵わないって」



あなた「どうする?今降参すれば気絶はしないけど」


爆豪「誰が」




轟「するかよ」



あなた「あーら残念、それじゃ」



あなた「おやすみ」
ドンッ



爆豪/轟「バタッ」
さて、残り二人は下かな?
めんどくさいし、瞬間移動でいっか
ヒュンッ



あなた「やあやあ、先に来た3人はもうリタイアだよ〜」


飯田/八百万「!!!」

あなた「まっおやすみ〜」
ドンッ
バタッ


あなた「よしっおーわり」