無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

設定
名前 雹狐ひょうこん あなた
性別 女
容姿 綺麗:可愛い 8:2
性格 クール:優しい 4:6
好きな物、人 雹九尾、林檎、雪
嫌いな物、人 ヒーロー、辛い物
等級 特級呪術師
高専 東京都立呪術高等専門学校
使う呪具  雹雪雨の御加護ヒョウセツアマネノゴカゴ
雹狐家に代々伝わる呪具
反転術式が使える
術式順転 「セツ
相手を雪に積もったように動きを遅くする術式
術式反転 「ウルル
相手が認知できない様な速さにし動いた途端木っ端微塵になると言う術式
領域展開 「ミゾレ
相手を降り続く雪の世界に閉じ込める、そこに長時間いると徐々に体が凍ってゆく
そこでは自分の速度は異常的になるが、相手は遅くなると言う世界←語彙力無くてすみません💦
雹狐家には、代々呪具と、特級呪霊が受け継がれている
雹狐家は、雹九尾と合体フュージョンする事ができる
呪霊から子供を守る為に受けた傷が目の下にある
見た目
雹狐家に代々受け継がれてきた特級呪霊
名前  雹九尾ひょうきゅうび
好きな物、人 あなた、お稲荷さん
嫌いな物、人 あなたが嫌いな物、あなたをいじめる奴
術式
一の尾 炎尾イチノオ エンビ
ニの尾 氷華ニノオ ヒョウカ
三の尾 水陣サンノオ スイジン
四の尾 緑菜シノオ リョクナ
五の尾 光閃ゴノオ コウキ
六の尾 闇影ロクノオ ヤミノゲ
七の尾 真実ナナノオ シンジツ
八の尾 虚偽ハチノオ キョギ
雹九尾は、尻尾の分だけ術式が有ります
一の尾が炎の尻尾で纏わりつき焼き尽くす

ニの尾が尻尾から氷の華を出し見惚れている隙に、氷の華を刺す

三の尾が水を相手の顔に纏わりつき溺れさせる

四の尾が回復

五の尾が眩しい光を出し目をくらます。または、潰す

六の尾が影に潜り、操る

七の尾が、嘘や幻を見抜く

八の尾が、嘘や幻を作り出す

領域展開 九の尾 雹九尾神クノオ ヒョウキュウビノシン
一時的に絶対的な力を得る、法律をこの時だけ作れる、暴走する危険性があるので契約者と一緒じゃないと使ってはいけない(この場合はあなた)
雹九尾(ノーマルモード)
雹狐尾神状態
合体フュージョン状態
あなた「私達の設定はこんぐらいです」
雹九尾「長くなってすまんの」
あなた「作者はこういった系で描くのは初めてだから多めに見て欲しいです」
あなた/雹九尾「それじゃ、バイバイ。/なのじゃ」