無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

任務
あなた「あっ!おはよー野薔薇!」




野薔薇「おはようあなた!今日も可愛い!!」






あなた「ふえっ?!そっそんな事ないよ〜///」







野薔薇「はぁ〜〜〜〜〜」







野薔薇「可愛い」







野薔薇「で、そこの変態はどうしたの?」







五条悟「ひどいなぁ野薔薇〜グッドルッキングガイにそんなこというなんて〜〜」







あなた「不法侵入して来たから無視して来た」



野薔薇「五条先生?ゴゴゴゴゴゴ」









五条悟「いやっ野薔薇!!これには海よりも深い訳がありましてぇ」








野薔薇「問答無用!!!!」








五条悟「ぎゃああああああああ」







伏黒/虎杖「おはよう/おはよー」






あなた「あっ二人ともおはよう」







伏黒「で、、、、、これはどういう状況だ?」







あなた「野薔薇が私の部屋に不法侵入して来た五条先生を〆てるの」






五条悟「悠二ぃ〜〜助けてぇ」







虎杖「今回ばかりは五条先生が悪いからなぁぁ」







五条悟「恵ぃ、、、」

伏黒「無理です(即答)」





五条悟「まだ何も言ってない、、、、、」
五条悟「ちょっ野薔薇!!一回ストップ!!!!」






野薔薇「あ"?言い訳なら聞かねえぞ?」






五条悟「言い訳じゃない!!任務!任務の話!!!」







あなた「任務?」







五条悟「そう、任務」







五条悟「てな訳で、一年生ズに任務に行ってもらいまーす!」






虎杖「あれ?先生は?」







五条悟「出張なんだよねー」






五条悟「ま、なんかあった時はあなたがいるから大丈夫でしょ」






あなた「全部私に任せないでください」







五条悟「任務日は、明後日ね!じゃ!健闘を祈るねー」






あなた「どう見ても健闘は祈ってないんだよなぁ」