無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

🔆
920
2020/10/25 14:32
あなた side





丈一郎じゃん



...何だろ



ガチャ『...もしもし?』



藤原「あっ、おいあなた!」



『何?丈一郎、何か用事でm((』



藤原「お前今やばいことになってんぞ!」



『...というと?』



藤原「あなたが姫川?とか何とかのこと暴力振ったって関ジュで話題になってんで」



もう関西の方にも広がってるの...



...てか姫山な()



『康二から聞いたの?でも私はやってない...!...丈一郎もそれ信じてるの?』



また私のこと裏切り者って言う人が増えた...



藤原「アホか、やってないって信じてっからこうやって本人に直接聞いとるんやろ」



『...え?』



藤原「少なくともおれと大橋はお前のこと信じてんで」



『...ありがとう泣』



藤原「ちょ、おい泣くな汗」



『ずっと一緒にやってきたグスッ...メンバーの一部からはッッッ...信じてもらえなくて...ッ』



藤原「は、なんだそれ、ちょ、詳しく話聞かして」





〜説明中〜





藤原「あいつら何しとんねん、あなたがそんなことする訳ないやろ💢」



『...丈一郎は何で私のこと信じてくれたの?』



藤原「あ?だってあなた______________やろ」



『...さすが入所日同じなだけあるね、メンバーより分かってるじゃん』



藤原「まあ、おれやし?」



『それはうざいww』



藤原「はあ?w...笑ってたほうがあなたらしいで」



『え?どういうこと』



藤原「だ!か!ら!泣いてんのはあなたらしくないってことや!1回しか言わんからな!」



泣いてるのは私らしくない、か...



『丈一郎と話したら元気出た、ありがと』



藤原「...おう」



『...ねー、聞きたいんだけど関西は丈一郎と和也だけなの?』



藤原「なにが」



『私のことを信じてくれてる人』



藤原「あー、その辺は、よう分からんわ」



『...そっか』





..........





沈黙つら





『...あ、もうこんな時間だ。和也にも信じてくれてありがとうって伝えといて!じゃ』



藤原「は、おいty((プツッ」



関ジュは丈一郎と和也以外はみんな敵か味方か分からないのが怖いよなぁ、



まあ、1人で考えててもしょうがないから明日しょぴ達に相談しよ



ていうか、明日は撮影あるんだよね?



寝よ、





next



いろんな方言混じってるかもしれないです💦