第57話

🌈



私は風邪の時にたまにある悪夢にうなされて起きた











起きると手を握って心配そうに問いかけてくるジスがいて安心した











ジョシュア
ジョシュア
大丈夫??
あなた
あなた
ちょっと怖い夢見た…
ジョシュア
ジョシュア
可哀想に…
ジョシュア
ジョシュア
早く熱下がるといいんだけどね。






熱を測るとさっきよりは熱は下がっていたがまだ熱があった












ずっとジスは隣にいて手を握ってくれたりして怖い夢を見ないようにって楽しいお話をしてくれたりした










ジスの安心する声でいつの間にか寝てしまう












私が寝たのをみてジスはまたごはんをつくりに行ってくれたりする
















SEVENTEENは作成期間だけどジスもメンバーと共に色々考えないといけないのに申し訳ないな














宿舎に帰っていいよって言ったけど、他のメンバーが熱なら看病してあげて!って言ってくれたらしい














私は急な部屋の騒がしさで目が覚めた













あれ?ジスしか家に居ないはずなのに













そう思ってベッドから出て見に行こうとした時













ガチャッ












扉が開く音がして何人か部屋に入ってきた









NEXT