第76話

🌈


週末













仕事が終わってから今日はミンジュンくんと飲みに行く














ミンジュンくんにカトクを送って待つことにした
あなた
あなた
💬今終わったよ
ミンジュン
💬了解






待つこと10分







ミンジュン
ごめんお待たせ!
あなた
あなた
お疲れ様~
ミンジュン
いこ!
あなた
あなた
うんっ








居酒屋の所で一杯乾杯して色々仕事についてなどを話した








ミンジュン
いや、本当にあなたちゃんがどんどん知名度上がってて凄い
あなた
あなた
ほんと??嬉しいなそれは
ミンジュン
俺は全然芽が出なくてさ
ミンジュン
何かが違うんだろうな
あなた
あなた
全然モデルの仕事向いてるよっ






前にミンジュンくんが撮影しているところを見た時に雰囲気がガラッと変わっていてかっこよかった










ミンジュン
そう言ってくれると嬉しいㅋㅋ
あなた
あなた
ㅋㅋ






話はいつの間にか恋愛話になった








ミンジュン
相談があるんだけどさ。
あなた
あなた
うん
ミンジュン
彼女がさ、束縛酷くて
ミンジュン
最近暴力とか結構奮ってきて痣とか結構できてるんだよね…
あなた
あなた
え、逆DV?
ミンジュン
やり返したら犯罪になっちゃうから
ミンジュン
そうゆうのを利用して不満があったりするとすぐ暴力奮ってくるんだ




そうして腕にできた痣を擦りながら悲しそうに言ってきた












男の人にアザをおわせたんだから多分物か何かで殴ったんだろう













あなた
あなた
別れたりは…?
ミンジュン
何度か切り出したんだけど全然……
ミンジュン
男としてすげぇダサいな自分って思ってるけど
ミンジュン
あの女はマジでやばいから…
あなた
あなた
そっか……






ミンジュンくんから話を聞いていると










プルル プルル








あなた
あなた
電話っ





携帯を取り出すとなっているのは私の携帯ではなくミンジュンくんだった











ミンジュンくんの方を見ると












顔が明らかに曇っていた










多分ミンジュンくんの彼女から










ミンジュン
ヨボセヨ?



「ちょっと今どこにいるの!?早く帰ってきてよ!」











電話越しでもしっかり聞き取れるほど大きな声が聞こえた












ミンジュン
ごめん…仕事の仲間と飲んでる








「はぁ?誰よそれ。女!?女なの!?」









多分彼女さんは嫉妬と自意識過剰がすぎているんだろう











絶対関わってはいけないタイプの人













ミンジュン
女の子じゃないよ。仕事の先輩






ミンジュンくんは女の子って言ったら多分身に危険を感じたのか嘘をついていた













それは自分の為であり私にも被害が出ないようにだろう











それほど危ない人なんだ










「じゃぁ今すぐに先輩と変わって??」










そんな無理なお願いをしてきてる













ミンジュン
今先輩トイレ行ってるから無理だよ
ミンジュン
今日は美味しいケーキ買って帰るから待ってて!






無理に笑って誤魔化している













こんな怖い現場は初めて














それと共にミンジュンくんがそんな人の元で毎日暮らしいているのは心配になった















あの電話の後ミンジュンくんに謝られてもう今日はここまでにしようと切り上げられた












あなた
あなた
また…何かあったら相談乗るから
ミンジュン
うんっありがとっ







笑顔を見せてるミンジュンくんの目の奥は凍りついたように冷たかった













NEXT