無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

嶋 﨑 斗 亜 / 嫉 妬
お か ざ き の ま ろ ん
お か ざ き の ま ろ ん
ゆ い な 🌸 @活動休止中 さん
か ら の リ ク エ ス ト で す 🎶
《 登 場 人 物 》





嶋 﨑 斗 亜

❤️ 高 校 2 年 生

❤️ ア イ ド ル

❤️ あなた の 彼 氏





浅 倉 あなた

❤️ 高 校 1 年 生

❤️ 一 般 人

❤️ 斗 亜 の 彼 女










.










私 の 名 前 は 、 浅 倉 あなた 。





高 校 1 年 生 の 1 6 歳 だ 。





そ し て 、 私 の 彼 氏 は 嶋 﨑 斗 亜 。





ア イ ド ル だ 。





弟 の 吏 玖 が 斗 亜 に 私 の 写 真 を 見 せ た ら し く 、 会 っ て み た い と 言 わ れ 会 っ て み た の が 始 ま り だ 。





と 言 っ て も 、 斗 亜 は ア イ ド ル 。





本 職 は 、 女 の 子 を 虜 に す る こ と だ 。





私 は 、 そ ん な 斗 亜 に 、





ダ メ だ と わ か っ て い な が ら も 、





い つ も 嫉 妬 し て い た _





.





斗 亜 の 出 演 し て い た L I V E を 見 に 行 っ た 日 の こ と だ っ た 。





私 は 、 弟 の 吏 玖 が 共 演 し て い た こ と を い い こ と に 、 関 係 者 席 に 入 っ た 。





ス テ ー ジ で の 斗 亜 は キ ラ キ ラ し て て . . .





で も 全 く 構 っ て く れ ず 、 フ ァ ン の 子 た ち を 見 て た り し て い て 、 ダ メ だ と 思 い な が ら も 嫉 妬 し て し ま っ た 。





L I V E が 終 わ っ た と き _





あなた 「 斗 亜 ~ ! 格 好 良 か っ た ! 」





思 っ た こ と を 言 っ た 。





た だ し 、 一 部 分 だ け 。





あ と の 感 想 は し ま っ て お こ う と 思 っ て い た . . .





の に 。





あなた 「 ん ぇ / / / 」





斗 亜 に 抱 き し め ら れ た 。





斗 亜 「 あ の な ? 今 日 、 あなた を 嫉 妬 さ せ よ う と し て て ん 」





「 で も 、 嫉 妬 さ せ れ ん か っ た . . . 」 と で も 言 う よ う に 、 斗 亜 が 下 を 向 く 。





今 、 自 分 の 気 持 ち を 伝 え な い と ダ メ だ と 思 っ た 。





あなた 「 斗 亜 ? 私 な ? ず っ と め っ っ ち ゃ 嫉 妬 し て も ー と っ て ん 笑 」





結 局 、 思 っ た こ と を 全 部 話 し て し ま っ た 。





や っ ぱ り 斗 亜 に は 敵 わ な い 。





斗 亜 が 嬉 し そ う な 顔 を す る 。





年 上 だ け ど 、 本 当 に 可 愛 い 。





斗 亜 「 ん ふ ふ 笑 あなた 大 好 き ! 」





あなた 「 へ へ 笑 私 も ! 」





こ の 日 は 、 私 た ち の 良 い 思 い 出 に な っ た 。





~ f i n ~
お か ざ き の ま ろ ん
お か ざ き の ま ろ ん
リ ク エ ス ト あ り が と う ご ざ い‎ ま し た ❤︎ * 。