無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8
壱子は自転車をいで海まで来た

ただ、
藍といる時に感じる
あの風には出会えなかった


壱子は目をこすって
もう一度海を見た
海はキラキラと輝いていた


18年間
なんとも思わなかった


海を


波音を


今は
ただ


感じていたい

_壱子@いちこ_
壱子いちこ
女……
ざらついた潮風しおかぜがべたりと張り付いた


背後で自転車のブレーキがギィと鳴った
_大和@やまと_
大和やまと
いちこ……だ

壱子が振り返ると大和がいた

大和はママチャリで
黒い大きなリュックを背負っている
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
大和だ
_大和@やまと_
大和やまと
何しとる
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
海、眺めてる
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
バイト?
_大和@やまと_
大和やまと
バイト
_大和@やまと_
大和やまと
彼氏さんは?
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
関係ないでしょ

壱子は再び海を眺める

_大和@やまと_
大和やまと
なあ、壱子
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
なに?
_大和@やまと_
大和やまと
あいつはやめとけよ
波音が強い

風も強く

今日の天気は悪い
_大和@やまと_
大和やまと
俺、カフェで働くんだけど
_大和@やまと_
大和やまと
前に東京に研修行ったときな
社長とキスしとった男だ
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
嘘つき
_大和@やまと_
大和やまと
嘘じゃない
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
それいつ……
_大和@やまと_
大和やまと
1ヶ月くらい前?
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
そ……
_大和@やまと_
大和やまと
なぁ、壱子
悪いこと言わんから
大和は、自転車を止めて
階段を降りると
壱子の腕を掴んだ
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
ホラ吹き男は
嫌われるから!




壱子は大和の腕を振り払い
階段を駆け上がって
自転車に乗った



_大和@やまと_
大和やまと
なんで
_大和@やまと_
大和やまと
なんで、泣いとるん……