無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

12
藍の住むアパート
ポストにはチラシの他に
珍しく封筒に入った手紙が1通

藍はその場で封を開けた
_藍@あい_
あい
何だよ、それ……
藍の手に握られた数枚の紙が
くしゃっとつぶれた
***


_美咲@みさき_
美咲みさき
上がっていいの?
_藍@あい_
あい
いいよ
美咲は、スニーカーを丁寧にそろえて
藍の部屋に上がった
_美咲@みさき_
美咲みさき
どういう風の吹き回し?
美咲は手当たり次第
部屋のものを触っている
_藍@あい_
あい
くつ、どうしたの
_美咲@みさき_
美咲みさき
壱子ちゃんに貸してもらった
_藍@あい_
あい
何でいっちゃん?
_美咲@みさき_
美咲みさき
困ってたら偶然!
_藍@あい_
あい
余計なこと言ってない?
_美咲@みさき_
美咲みさき
んー、そうだな
_美咲@みさき_
美咲みさき
藍が好きなのと……
_美咲@みさき_
美咲みさき
あれが超絶
上手いとかは言ったかも
_藍@あい_
あい
は?
_美咲@みさき_
美咲みさき
え?
ダメだった?
藍は立ったまま座ろうとしなかった
_藍@あい_
あい
真面目な話
_藍@あい_
あい
……お願いがある
_美咲@みさき_
美咲みさき
え?
***
美咲は考えることなく即答した
_美咲@みさき_
美咲みさき
いいよ
_藍@あい_
あい
ありがとう……
_美咲@みさき_
美咲みさき
でも条件があるよ
美咲は藍をじっと見つめた
_藍@あい_
あい
そういうのなし……
_美咲@みさき_
美咲みさき
やだ
_藍@あい_
あい
約束しただろ
もうそういう関係じゃない
それにお前だって……
アパートの外から近所の子どもたちの
はしゃぐ声が聞こえてきた
_美咲@みさき_
美咲みさき
じゃ、お願いは聞けない
_美咲@みさき_
美咲みさき
お願い聞いてくれるなら
藍が壱子ちゃんとどうしたって
私はいいよ
求めるものなんて
_藍@あい_
あい
……わかった
捨てるしかなかった