無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

20




_________いつも何考えてたっけ





_大和@やまと_
大和やまと
おーい?
いちこってば!
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
あ、
_大和@やまと_
大和やまと
大丈夫か?
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
大丈夫……!
何だっけ?
_大和@やまと_
大和やまと
だから、
目玉焼きは半熟だろって
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
あー、そうだね
私も半熟派……!



___________何かにつけてちらつくんだ


_大和@やまと_
大和やまと
やっぱ、ぼーっとしとるな
大和は笑うとえくぼができる
子どもっぽい無邪気な顔
_大和@やまと_
大和やまと
そんな話しとらんし
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
_大和@やまと_
大和やまと
あ、あった

大和はマンガ雑誌を手に取った
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
今時、本誌派?
_大和@やまと_
大和やまと
本誌の方がお得感ある
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
ケチだしね
_大和@やまと_
大和やまと
倹約けんやくの間違い
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
早く買ってきなよ
_大和@やまと_
大和やまと
ちょっと待っとって
大和は雑誌を片手にレジへ向かった


壱子は大和後ろ姿を少し眺めたあと
周りの本を見回す


流行りのポップな曲が流れるだけで
気分が変わる


さっきは


きっと



シリアスな曲だった
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
Step and a step〜

リズムにのってかかとから足をつけて歩く


壱子は一冊の週刊誌が目に止まった



有名
美人______不______!?
将来有望______スタ
残酷な________事件



手に取ろうとした時
_大和@やまと_
大和やまと
いちこ……!
壱子は悪いことなんてしていないのに
大和の声にドキリとした
_大和@やまと_
大和やまと
お待たせ
_大和@やまと_
大和やまと
行こ
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
う、うん

壱子が伸ばした手を引っ込めようとした時、
その手を大和がバシッと掴んだ
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
_大和@やまと_
大和やまと
はよ行こ
_大和@やまと_
大和やまと
ケーキ食べるんやろ

急に動きが俊敏しゅんびんである
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
あのさ
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
手首じゃなくて……
手握ればいいじゃん



大和はびっくりした顔をした



_大和@やまと_
大和やまと
ええの?
_壱子@いちこ_
壱子いちこ
ええよ




だって、あれから
もう3ヶ月だし___________