無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

532
2021/07/26

第34話

🌔
あれから私は 




自分の部屋のベットで気持ちよく寝た 。




























朝起きて 、リビングに行くと


彼が朝ごはんを作ってくれていた 。


















th
th
おはよう、、あなたちゃん、、
th
th
、、、一緒に食べよっか、?




、、、そう言って微笑む彼は美しい 。















コンタクトを入れてないメガネの状態も似合ってるし、、、。













、、、、なんだか照れそうなくらいかっこいい。











you
なんか、、すいません、、、
you
仮にも女の子なのにお手伝いもせず、、





と申し訳なさそうに言うと、、












th
th
、、、良いんだよ、、、
th
th
僕に全部頼ってくれていいから、、






そう言ってくれた 。





















リビングのテーブルで




向かい合わせに食器を並べて『いただきます』と一緒に言う 。















you
テヒョンさん、、、、
you
、、、美味しすぎます、、!





と言うと彼は幸せそうに微笑んで











th
th
、、、ありがとう、、嬉しい、、



と甘く言ってくれた 。






((このテテ可愛すぎん、、???