無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,022
2021/06/14

第20話

🌖
彼の家の説明を終えてから 、






再びリビングに戻ってきた私たちは




ふわふわなソファに腰掛けている 。








彼に、
















th
th
何か質問はない ?


と聞かれた 。








だから最低な期待を込めて私は尋ねた 。













you
ところで、私はいつまで居ていいんですか?



その答えは 、私の考えを遥かに裏切るものだった 。









彼は何よりも美しく口角をあげて言った 。

















































th
th
一生いて欲しいな