第80話

76. とある人と対決的な


リクエストありがとうございます👶💖



まだまだリクエストを受け付けているのでここのコメ欄でもいいのでじゃんじゃんコメントしちゃってください➰❗♡



それでは本編へレッツゴー ↓↓↓




野田 side








本日はとある楽屋へ向かっています


1人ですいぇい()




メンバーには散歩してくるって言ってきた←







そろそろ楽屋に着くんだけどね 笑



ちゃんと会うのはジャニーズアイランド振りだからちょっっっとだけ緊張してたりする…






今回はちょっとだけ目的があるからね





それを解決したら戻りましょうって感じ 笑








まあこんなことを心の中で!!!


思ってたら楽屋に着いたのでとっとと入っていきたいと思います 笑





さあ、あたしが向かっている楽屋はどこでしょう!!!








[コンコン]





『はーい』





野田 「失礼します~」





『まってあなたちゃん/あなた?!』





野田 「お久しぶりの3150組!って思ったけどさ人数足りなく無い?」



そうです、訪れた楽屋は少年忍者の3150組と言われている…(??)場所です!


ちょっと意外な接点でしょ?笑






元木 「平塚と黒田別の楽屋行ったー」





野田 「それはショックだわ」



3150組みんなと会えると思ったらおふたりどっかいっちゃったみたいぴえん



だから入った時に人数が少なかったんだ!!!



内村 「てかあなたちゃんなんで来たの?」





野田 「今日さ、あたしあじちゃんに用があったのよ」





安嶋 「え、俺?!」





野田 「そう!」





元木 「でもなんで?!」





野田 「昨日久しぶりに忍者の動画みたらさあじちゃんと色々対決できるんじゃねって思ったから笑」





内村 「アクロバットとか?」





野田 「そうそう!身長はもうあたしが勝ってるからさ」





安嶋 「筋肉つきすぎちゃって伸びなくなったの!!」





元木 「まって身長は俺も負けてる」





内村 「あなたちゃんより身長大きいの俺だけじゃん」





野田 「まってほんとじゃん」



新事実


あじちゃんとわくちゃんよりも背が高いです野田あなた



男子よりも大きいは複雑になるけども



でもあじちゃんとは対決するからちょっとだけ嬉しいわ←




元木 「あなたなに対決するの?」





野田 「アクロバット 笑」





安嶋 「負けてられないわ」





内村 「ここで出来る?」





野田 「あ…」



全く考えてなかったわ



楽屋でアクロバット出来ないじゃんね



元木 「あなた絶対考えてなかったでしょ」





野田 「…ハイ」



図星つかれたー!!!


ポンコツなのやめたい無理無理無理!!←



安嶋 「じゃあ腕相撲やろうよ」





内村 「それはお前の勝ちゲー!」





野田 「よし、アクロバットは今度にして腕相撲にしよ」





元木 「本気で言ってる?」





野田 「だって身長の対決ではあたし勝ってるし」←←





内村 「そこも対決してたの?」





野田 「当たり前じゃんー!!」





安嶋 「え、じゃあこれ俺勝ってもまだ引き分けじゃん!」





元木 「じゃあ引き分けになったら今度アクロバット対決すればいいじゃん」





野田 「ナイスアイデアわくちゃん!」



同級生のわくちゃん言い考え出してくれた最高


まあこれに勝てばアクロはやらなくて済むけどね笑



安嶋 「よし、じゃあ準備するか…」(上着を脱ぎ始める)





野田 「いやいやいや、ここでも脱ぐ必要ある?!」





内村 「確かに」





元木 「脱がなくていいでしょ!」





安嶋 「(スルー)まあ早くやろうぜ」





野田 「スルーするな!!!」




スルーされたし!!!



もうこれはバチバチだわ



負けるかもしれないけど頑張るしかないわもう




元木 「お二人共準備OK?」





安嶋 野田

「うん!」





内村 「それでは行きます!レディーGO!」





野田 「まってこんなに強いの?」←


まってめちゃくちゃあじちゃん力強いだけど無理無理負ける負ける


もう机につきそうあーもうやばいかも



安嶋 「まってあなた意外と手強い」






内村 「あなたちゃんめっちゃ粘ってる!」





野田 「さすがに後輩には負けたくない!」





安嶋 「女子に負けるもんか!!!」




意外と接戦だわあ←



まってでも力尽きるわ無理(開始30秒)







元木 「しゅーりょー!!!」





野田 「はあああああああ!!!」





安嶋 「あぶねえ」





内村 「あなたちゃん負けちゃったね」





野田 「めっちゃあじちゃん力強いね出直してきます」←



まじで頑張ったけどやっぱ無理だったわ


これはもうひと勝負しても負けるから素直に引き下がるわ




男子と腕相撲をやる時点で負けゲーだったよね多分うん、





これを機にジムへ通おうかしら←←←




野田 「よし、これで1対1だからあじちゃん今度アクロバットね」





安嶋 「負けないもんね」





元木 「俺審判やる~!」





内村 「俺もそうするー!」





野田 「じゃあ今度は場所作ってくるわ」




もう失敗はしないようにね


空いてる場所あるか確認してくればいいんだよ!


ってことで次回を楽しみにしましょうね←




野田 「あ、そうだ!わくちゃん一緒にワクワクやろうよ」





元木 「今?!」





安嶋 「待って今やるの?!www」





野田 「撮影の時に出来なかったから」





内村 「あなたちゃん動画でワクワクやりたいって言ってたからね」





元木 「じゃあみんなでやろうよ」





野田 「いいじゃんそれ!!!」





安嶋 内村

「俺らも?!」





野田 「うん!」




みんなでワクワク出来るって良くね?!


これはもう永久保存じゃね?←←←←←




内村 「じゃあさ、ISLANDTV撮ろうよ!」





野田 「いいじゃんそれ!」





安嶋 「じゃあ決定ー!」



ISLANDTV撮りながらワクワクします←


念願のワクワクだから楽しみだな()







[ISLANDTV]



元木 「せーのっ元木~!」





内村 安嶋 元木 野田

『ワクワク~!!!!』





野田 「以上!」





内村 安嶋 元木 野田

『ばいばーい!!』





\ アイランドティービー /







野田 「まってシュールすぎた?www」





元木 「まあ大丈夫っしょ!」





野田 「そうだね!」




過去一シュールなISLANDTVなのかもしれないけどこれが"素"だからいいよねうん笑


それにとっても楽しかったから問題ない!




野田 「あ、そろそろ楽屋戻るわ」





内村 「あなたちゃんまた来てね!」





安嶋 「あなた対決忘れないでよ!」





野田 「もち!忘れるわけないじゃん!」





元木 「じゃあ待ってるでね!」





野田 「待っててね!それじゃあバイバイー」





内村 安嶋 元木

『バイバーイ』









久しぶりにわくちゃん、あじちゃん、うっちーに会えたし!




他の2人には会えなかったのはぴえんだけど(まだ言ってる)




念願のワクワクをわくちゃんと出来たから満足です





アクロバットは絶対に勝ってやるからなあじちゃん!









このあとすんなり楽屋帰ったら丁度仕事が始まるタイミングで焦りました (汗)