第43話

40.舞台前のお出かけ


野田 side












今渋谷に着いたなうなんですけど


大昇がいませんね。





え、うち集合場所間違えてないよね?





だって時間もう10:00過ぎてるよ?←




ちょっと連絡したいと思います





野田ちゃん
おい、岩崎
着いた?
たいしょう
あとちょっとー!
野田ちゃん
あー、おけけ



うちらが遊ぶとだいたいこうなりますね






グループずば抜けての自由人である



うちと大昇だと絶対に集合時間遅れるんだよね




でも今日はあっちから連絡来たから

ちゃんと来るのかな思ったんだよ←←←



大昇の事だから違ったけどね←




























『あれあなたちゃんじゃん』





野田 「え、ラウール?!」




なんか大昇待ってたら大昇より先にラウに会ったんだけどさ



どゆこと?



さすが渋谷 ←











野田 「仕事?」




ラウ 「仕事に向かってる途中ー!」



野田 「そかそか」



ラウ 「あなたちゃんは仕事?」



野田 「大昇と遊ぶんだよねあたし」



ラウ 「そうなの?舞台じゃないの?!」



野田 「時間まで遊ぶのよ」



ラウ 「いいなあ。あ!俺舞台今度見に行くよ!!」



野田 「まじで?!来てきて!」




ラウ見に来てくれるのは嬉しすぎるよ


ラウ来たらファンサしたろ←



ラウ 「めめも連れてくるね!」



野田 「それは嬉しいわ!」



ラウ 「あなたちゃん最近めめに会えてないでしょ?」



野田 「お、よくお分かりですね」




ねぇなんで分かるのよラウール!!

あ、同じグループだから?




ラウ 「めめの元気が最近ない気がするからさ」




え、まって可愛くね?



これだからツンデレは←お前もな



でもSnow Manの彼女はいるはずだけどな←



向井康二くんいるはずなのに… ←うるさい





まぁうちらの予定が合わないから

会えてないんだよね




特にSnow Manさんが忙しいからね





野田 「ラウ来る時は連絡してね!」



ラウ 「うん!」



野田 「仕事頑張ってね!」



ラウ 「ありがとう!バイバイ!!」


野田 「バイバイ!」





渋谷最高だよ



もうラウールに久しぶりに会えたから

嬉しくなっちゃうね







後は大昇待つのみだ
















[5分後]









ケータイいじってたら大昇らしき人が

来ましたね





岩崎 「おはよー」




野田 「おはー」




岩崎 「待った?」




野田 「待ったけど待ってたおかげでラウに会ったから問題ナッシング」




岩崎 「まぁ集合時間にルーズなのも俺ららしさ」



野田 「まぁそれな」







なんか変なこと言ってるけど

時間なくなるんで行こうと思います








野田 「スタバの新作買いこうぜ」



岩崎 「いいよ」










といいながら近くにあったスタバに


向かいまーす!








岩崎 「俺奢るよ」



野田 「まじ?」





優男な大昇は奢ってくれましたね




まぁ前から奢ってくれるって言ってたけどね









岩崎 「はい」



野田 「ありがとう」






新作まじで美味しそう



そして岩崎大昇優しすぎる






野田 「やばいめっちゃうまいんだけど!」



岩崎 「美味しい」



野田 「これ何倍でも行けるわ」



岩崎 「太るよ」



野田 「うるせえ黙れ」




やっぱ優しくなかった岩崎大昇









野田 「うち服見たいからさ渋谷の店行こ」



岩崎 「いいよ」





やっぱ優しいかもしれない…(?)




















岩崎 「服買ったら行くよ?」




野田 「うん!」




何気しっかりしてるんだよね
















なんだかんだでお店に着きましたね






岩崎 「ねぇ何買うの?」




野田 「冬服爆買いするの←」




岩崎 「なんで?!」




野田 「去年あげたらほとんど無くなってたの」




岩崎 「もっと早く気づきなよ」




野田 「普通に気づかんかったのよ」




岩崎 「それになんで今日なのよ」




野田 「次オフなるのいつか知らないから」




岩崎 「まぁいいや」













もう冬服可愛すぎてやばいんだけど!





もう既に買う服をキープしてる←








野田 「ねね、こっちの柄とこっちの柄どっちがいいと思う?」




岩崎 「左の柄かな」




野田 「ありがとう!左にする!」






服まで選んでもらっちゃってるよ



多分知らない人が見たらうちらカップル






カップルじゃないよ(←)








岩崎 「ねぇあなたこれは?」




野田 「めっちゃ可愛いじゃん買う!」




岩崎 「即決じゃん」






大昇めっちゃセンスあるんだけど


これから服買う時ついてきてもらおうかな←









そろそろ時間もあれなんで

お会計に行きたいと思いますー












野田 「やべぇめっちゃ買っちゃった」



岩崎 「ほんとじゃん」





袋2つ分買ううちとは



まぁそれだけ冬服なかったのよ!









岩崎 「1個持つよ」




野田 「ありがとう」




対象はやっぱ優男かな



改めて思うとやっぱ買いすぎだわ←









岩崎 「そろそろ行く?」




野田 「行こー!」




岩崎 「この服持ったまま行くの?」




野田 「もちろんじゃん」




岩崎 「帰り大丈夫?」




野田 「あ…」←





そのまま現場入りしようと思ってた

だけだから帰りのこと忘れてたわ



帝国劇場から家までちょっとだけ距離あるんだよね



まぁ帰れるでしょう!!!←







野田 「きっと大丈夫なはず」




岩崎 「おけ、じゃあいこ」



















渋谷から帝国劇場へ向います!

































[15分後]












まってうち爆睡してたんだけど






舞台始まる前から疲れちゃってるじゃん





隣見たら隣も爆睡してるし


よし写真撮ってウェブに上げたろ







パシャパシャ




よし、そろそろ着くから起こそ









野田 「大昇起きてー着くよ」




岩崎 「ん…」




野田 「今日買い物付き合ってくてれありがとね」




岩崎 「うん…」(寝ぼけてる)




野田 「今日もがんろね」




岩崎 「ぅ…ん…」




野田 「ねぇ起きてる?!」




岩崎 「オハヨウゴザイマス」





なんかビビったみたい←




野田 「目覚めた?」




岩崎 「勿論」




絶対にさっき言ったこと覚えてないよね


まぁうちら疲れてたらファンのみんなに


いい顔見せれないもんね














そんなこんやで着いたので




楽屋へ向かいたいと思います
















のだたい
「やほー」




浮所 「ねぇ何その荷物?!」




那須 「そんな買ったのー?!」





そりゃそうなりますよ



めっちゃかったもん






野田 「オール冬服卍」




佐藤 「めっちゃ買うじゃん」




野田 「冬服全くなくてさ」




藤井 「2人でいったの?」




岩崎 「うん」




浮所 「ずるいんだけど!!!」




野田 「浮所今度行こうね」




浮所 「うん!」




金指 「あなたちゃんと大昇この格好で居たの?」




野田 「うん。そうだけど」




藤井 「いやまって変装なし?!」




岩崎 「俺らマスクはしたけど」




佐藤 「さすがにバレてるでしょ」




野田 「声掛けられなかったからきっとバレてないよ」




那須 「いや分からんぞ」




岩崎 「まぁそんなことより今日も頑張っていこうじゃないか」





美 少年
「うん!」






















































舞台も無事に終わって支度も終わったんで


荷物持って帰ろうと思ってるなう










岩崎 「近くまで送ってくよ」




野田 「まじ優しいじゃん今日」




岩崎 「まぁね」




野田 「ありがと、んぢゃ行こ」







大昇が近くまで送ってくれるらしいのよ


優しすぎる


今日ほぼずっと大昇と居たわ













やっぱ大昇といると落ち着くわ



うちら口数少ない時多いけどね



でもくだらないことで盛りあがったり

仕事のこと話したりしてるから楽しいんだよね


























野田 「今日ありがと」




岩崎 「うん」




野田 「また行こうね」




岩崎 「連絡してね!」




野田 「うん!明日も頑張ろうね!」




岩崎 「バイバイ!!」




野田 「バイバイ!!」













まじで感謝しまくりだな大昇に


大昇が年下とかほんとに信じられない




先輩と仲いいもんな大昇








感謝しまくりだな大昇ありがとう!