第63話

60. 渡しに行こうかバレンタイン


野田 side








さぁ本日はなんの日でしょうか!!






そうですよ!



男子も女子もドキドキワクワク!


バレンタインデー!!!





あたしも渡さないとって思っております



本命にもメンバーにもね。



あと同期にも忘れずにあげないと




なので前日はチョコ作りを追われてたわず


そして今日はプレゼントしに行こう企画!




なので事務所に向かいたいと思います〜!




メンバーは絶対に今日うちより早く来てるはずだy…(ピコン



うわお、朝から珍しいなんか来たし


しかもグループ!!
たいしょう
今日は何の日ー?
うきしょ
バレンタインデー!!!
なす
チョコくれるかな?
さとう
そんなこと言ってたらくれないよきっと
なぁくん
いやあなたならくれるよ!
かなさし
あなたちゃん楽しみに待ってます〜


うわあ!!お!


メンバーメッチャタノシミニシテルジャン!




うん、これは日々の感謝も込めてあげるしかないね



あ、あの連絡あたしは既読スルー♡♡←



めんどくさいからね←返信してBy浮所







そういえばうちも連絡する人いたじゃん!


連絡しなければ!!!


野田ちゃん
ねねねねね
めぐろ
なに?
野田ちゃん
今日事務所にいる?
めぐろ
いるよ
野田ちゃん
仕事何時まで?
めぐろ
6時くらいまで
野田ちゃん
うちもその位まであるから終わったら楽屋来てー!
めぐろ
いいよ
野田ちゃん
あざます


送らなければならない人はですね!


彼氏ですよ彼氏!!!



本命には手渡ししたいじゃん?




だから迎えに来てもらおうって話!



なかなかいい考えじゃない?()







そんなこと言ってたら時間がやばいので!




事務所に向かいたいと思いやす!
























さぁ着きましたよ事務所!



そして今は楽屋の目の前いえい



なんかいつも以上にうるさい気がする…




多分きっとバレンタインデーって騒いでるんだよ


まぁ中に入りたいと思いますー!






[ガチャ]


野田 「ただいま来ました〜」





浮所 「あなた!!」





岩崎 「ねぇねぇ今日なんの日?」





佐藤 「大昇聞くのはやすぎ!」



それなりゅがたんうちも思ったよ!


絶対早かったwww




野田 「今日は!君らが待ちに待ってたであろうバレンタインデーですね」





那須 「分かってるじゃん!!」





野田 「忘れるわけないじゃん!」





藤井 「さすがあなた!」





野田 「もうあげちゃうー!いつもありがとうー!これからもよろしくねー!」



きっと今渡さないとうるさいであろう岩崎大昇と浮所飛貴が居るので渡しちゃいます〜!





美 少年 「ありがとう!」





野田 「どー致しましてー!」





金指 「あなたちゃんお返し待っててね」





野田 「ぴっぴ大好きありがとう」


とってもぴっぴが可愛すぎる


もう癒しすぎてもう幸せやあ



最近キャラブレがとても心配なんだけどね


でも最年少とっても輝いてますよ!!




藤井 「あなたのやつ毎回美味しすぎてお返し困るー!」





浮所 「それな?ほんとにまじで美味しすぎる」





岩崎 「もうね、ほんとにnxord…」





那須 「いやなんて言ってる?」





佐藤 「食べながら言うなよ!!!」





野田 「喜んでもらえて何よりだわ」



毎回喜んでくれるからほんとに作ったかいがあるのよほんとに!


ホワイトデーとっても楽しみだな(キラキラ)



ほんとにいつになく美 少年は平和です












野田 「ちょっと渡しに行ってくる〜」





美 少年 (野田以外)

「行ってらっしゃーい!!!」





野田 「いってきまーす!」



HiHi Jetsのところに行ってこないと!


こちらはとってもお世話になってるからね


あとは7 MEN 侍!!!



特に同期組にはとてもお世話になっているのでね!



ほかの先輩方などは手渡しできないので(泣)



マネージャー通してもうお渡ししてます!!


野田氏こういう仕事だけは早いんです!



マネージャーに頼んであります!!!


どのグループのマネージャーさんもとっても優しくて渡しとくねって言ってくれるからほんとにありがとうございます!!


勿論!大好きな嵐さんにも渡しましたよ!







それではまずはHiHiからいってきまーす!









[ガチャ]



野田 「やっほー」





髙橋 「お前浮所みたいに入ってくんなよ!!!」





野田 「え、浮所ノックしなしに入ってきたん?!」


え、うち浮所と同じ入り方してたん?!

それはやっぱりメンバーだからだよ!



井上 「あなたが倒れた時」





野田 「違うあれ座り込んだだけなの!」





橋本 「それも一緒だって」





井上 「まじでお前気をつけろよ」





野田 「ねぇ作ちゃん2人怖いよ」←





作間 「怖いね怖いね俺が守る!!」





猪狩 「野田ちゃん、作ちゃん頼りないけど大丈夫?」





野田 「とっても不安」←





作間 「あなたちゃんそんな事言わないで泣」





野田 「うそうそいざとなったら作ちゃんの所に逃げるから!」





井上 「じゃあ俺あなたまた倒れてももう助けないよ?」





野田 「それはごめんじゃん?」


怖いって言ったけどさ、助けれくれないは困るじゃん?

やっぱりそれはごめんじゃん?笑




髙橋 「みずきくんってあなためっちゃ好きだよね」(小声)



猪狩 「俺もめっちゃ思う」(小声)



作間 「あれはまじだよ」(小声)





井上 「そこの3人うるさい」





橋本 「(爆笑)」





野田 「みずきくん怒らないでwwwうち話にくるために来たわけじゃないのよ」





井上 「俺わかってるよ。てかメンバーみんな分かってるんじゃね?」





橋本 「俺わかるー!!」





猪狩 「いやこの季節と言ったらもちろんね…」





髙橋 「俺もわかる」





作間 「……え」


え、作ちゃんわかんないの?!


それはとっても可愛くないかい?!




髙橋 「作間お前わからんの?!」





作間 「全然ピンと来ない」





猪狩 「お前まじ?!」



いやあとっても可愛すぎる1面じゃん


作間担注目だよ!!!←




野田 「これを聞いたらピンとくるはずそしてやっと渡せれる。はいどうぞハッピーバレンタイン!」





HiHi Jets

「ありがとう!」





作間 「バレンタインか!!」





井上 「今更?!」





橋本 「さすがに俺でもわかったよ」



うん、相変わらずHiHi Jetsは面白いです


ここに紛れて話してると時間は秒です



それで遅くなって楽屋に戻って怒られます←




今日はきっと怒られない!はず!





野田 「じゃあ7 MEN 侍のところにも行かんといけないからばいばーい!」





HiHi Jets

「ばいばーい!」







ほんとにHiHi Jetsと居ると時間秒すぎる!!!


滞在時間30分なんだけど!!



ほんとは15分とかで済ます予定だった!!





時間ないんで急いで7 MEN 侍の所に行きたいと思いまーす!







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


長くなるので一旦切ります!