無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

543
2019/04/30

第58話

#58
あのさ…………
そう言って謎の?さんは走り出した。
あなたっ!!
you
you
んー?…えぇ?!?!
早く来てっ!!
you
you
え!あ、うん!
2人は走って走って、
やっと人通りの多い道に出た。
you
you
え?なんでいるの…?
ㅎㅎㅎ驚くかな?って思って
you
you
わざわざ韓国から??
うんㅋㅋ…あのさ、伝えたい事があるんだけど付いてきてもらえない??
you
you
え、うん。
着いたのは夜遅くまで開いてるお店だった。
お腹空いてるでしょ?さっき走ったし。
you
you
…うん、お腹空いたㅋㅋ
でもそのお陰で少しは酔いが覚めたんじゃない??
you
you
そうだねㅋㅋ
スニョン
スニョン
あのね、ここからはちゃんと信じてね?僕の話。
you
you
…うん。
スニョン
スニョン
ジュンは………死んだんだ。
you
you
…………やっぱり。そうだよね。運命には逆らえないよね。ははは、、
スニョン
スニョン
無理に笑わないでいいんだよ?
you
you
…うん、、
その言葉を聞いた瞬間、今まで覚悟していたのに、分かっていたのに、
涙が出てきて、、止まらなくて、











そうだよね。
分かってたんだよ。
スニョンが話がある、って言った時から。
覚悟はしてた。
なのに、、、なのに、。
スニョン
スニョン
つい先月にね、、僕の言った通りの亡くなり方だった。葬儀とか招けなくてごめんね。
you
you
……ううん、、大好きだったから。…それで充分だよ、
スニョン
スニョン
…それでね、ジュンから「僕はもう死んでしまうから」って言われて、手紙を預けられたんだ。あなたちゃんに渡すように、って。
you
you
…ありがとう、
スニョン
スニョン
多分ジュンにしてはいい事書いてあるだろうし、僕がいると泣けないだろうから僕は帰るね、あ、なんなら家まで送ってこうか??その方が声を上げて泣けるだろうし、
you
you
ありがとう。…じゃあ送ってもらえる…?
家に帰って手紙の封を開けた。





〝あなたへ。

やっぱり運命には逆らえないのかな??
この手紙を読んでる、って事は。
今まで避けてきちゃってごめんね。
本当はもっと別の別れ方があっただろうに、あんな別れ方でごめん。

実はあなたの気持ちに気付いてたんだよね。でも、意識しちゃうと自然に接する事が出来なくなるかもしれないから、バカみたいに振る舞って自分の気持ちをはぐらかしてた。

あなたの事を好きになったのは旅行の時からかな??
僕の気持ちなんて知らなかったと思うんだけど、
あなたといると楽しくて、
ずっと一緒に居たいなーって思ってた。
でも無理だったみたいだね。
ごめんね。色々期待させて。

スニョン、ジョンハニ형、あと、あなたの元彼は元気かな??
いつもありがとう、って言っておいてくれる…?
なんか、改めてだと言えないからㅎㅎ

結局聞けなかったな。
あなたからの「好き」って言葉。
っていうか、僕も言えなかったな。
「好き」って。
お互い言えないまま終わっちゃったねㅋㅋ
いくらでも言う機会はあったのに。
言えば良かったなー。
悔いはないか、って聞かれたらある、って答えるよㅋㅋ
あなたから「好き」って言ってもらえなかった事と、
キスできなかった事。
友達以上恋人未満で終わっちゃったし。でも!
繁華街行った時、手を繋いだでしょ??
あれ、僕でも頑張った方なんだよー?



ごめんね。そんな事しか出来なくて。

あなたと過ごした1ヶ月半は、実は僕の彼女が亡くなる、とスニョンが気付いてから亡くなるまでの期間と同じなんだ。
だから、1ヶ月半の短さも分かるし、でも1ヶ月半の長さも分かる。

「別れ」
僕の人生にはそれしかないと思ってた。
でも、「出会い」もあるんだね。
あなたとも出会えたし。
別ればかりじゃなかったんだって気づけた。

本当はあんな嘘なんてつきたくなかったんだ。
でもあなたの気持ちに気付いてたから、言えなくて。
知ったら傷ついてしまうかな、って思って。

ねぇ、楽しく過ごしてる??
僕が居なくなった世界でも。
って、そこまで変わらないかㅎㅎ
僕が居ても居なくても。
世界は急には変わらないから。
あなたが幸せでいてくれるといいな。
僕では幸せにしたくても出来なかったから。

長かったのに読んでくれてありがとう。

最後に。
あなた。愛してるよ。〟





気付いたら涙が溢れ出ていて、
ジュンの事を思い出してしまって、
辛くて辛くて、
その夜は夜が明けてもずっと泣き崩れていた。
ジュンからもらった、最初で最期の手紙を握り締めながら。
















ジュン、
好きだよ。
愛してるよ。
生きてる間ならいくらでも言えるのに、私達はその機会を与えられたのに、
互いに無視して。




言えば良かった。
そんな後悔はいくらでも出来る。
でも時間を戻す事は出来ないから。
ジュンが居なくなったこの世界でやっと言うよ。





























ありがとう。
愛してる。