無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

#56
今日はクリスマス……。
なんでこんな暗いかって?!?!












彼氏いないからじゃあぁぁぁぁ!!!!
でも女友達と遊ぶ、っていう約束してるから今めっちゃはっちゃけてる訳よ。
お酒もいつもはほどほどに。←それが1番いいと思う。うん。
してたんだけど彼氏いないクリスマスが悲しすぎていつも以上にハイペースで呑んでたら、
男達
あ、落としましたよ。
you
you
あぁ〜ありがとうございますぅぅ♡
男達
あれ?お友達どっか行っちゃいましたけど…
you
you
えぇ?…あー本当だぁー
男達
付いて行きましょうか??
you
you
あー大丈夫ですよぉぉ〜
男達
ふーん、
そんな感じでクラブ内をウロウロ彷徨っていたら、、、










you
you
…やばぁぁ、、迷子になっちゃったぁぁ…?!あー、どうしよぉぉ〜
仕方ないからその辺で待ってたの。
そしたら、
you
you
あぁー!…見覚えある顔だぁー……んーと、、誰だっけぇぇー
男達
ㅋㅋもう忘れちゃったんですか??
you
you
えーっと、、、ジュン??
男達
あー、、、ジュンですよ
you
you
あぁー!久しぶりぃぃー♡ねぇーずっと待ってたんだけどぉぉ??
男達
え?!どうする?………あ、うん。分かった((小声
男達
ㅎㅎㅎごめんね?待っててくれたんだ〜
you
you
うん〜そうだよぉぉ??日本に来てくれたのぉぉ??
男達
え?…あ、うん。そうだよ〜
you
you
ふーん、、
ドテッ



私はそのまま寝てしまった。
you
you
んん、、
気付くとさっきの男達におんぶされていて謎の安心感でそのまま、また寝てしまった。
男達
……起k………ねぇー?………大丈夫ー?………おい……起きないn………する?
you
you
ん…?
やば。絶対やばいやつだ。
え、ドラマとかでしか見た事ないんだけど…。











やっと何が起きているのか把握した。
まず第一に、やばい。逃げよう!!
第二に、逃げ方分かんねぇ!!
第三に、絶望感。




なんか今、やばそうな路地裏でやばそうな男達が話してるよ…。
絶対ホテルに連れ込んで、ああだこうだしようとしてるよね…?!









ちょっと、、
流石にやばくない…??




とか思ってんのに寝不足で寝ちゃう私っていったい。
テクテクテクテク
(え。待ってw効果音おかしくない…?)
男達
あ、ちょっと女隠せ。
男達
あ、はい。
男達
やばいから…!早く動かせよ!
男達
はいっ!でも重くて動かないんですっ!
おい。
てめぇなんか言ったか??
あ?
ねぇ。その人ってさ、
男達
え?あ、この女?俺の女だけど…??
は?いつからお前の女になったの?
男達
え?知らねえの?3ヶ月前からだよ!!←めっちゃ嘘つく人だな、おい。
…ふーん。そんなはずはないんだけど?
男達
は?


























次の話がハッピーエンドでその次の話がバッドエンド??になってます!
というか、いいね100達成!!
ありがとうございますっ!!!