無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

#25
昼食を食べ終わったんだけど、、













何故に元彼がいるのよぉぉ!?
バレないようにしないとね…
って思って歩いたはずなんだけども、

ドテッ

見事に転びまして、目が合ってしまいましたよ。
元彼
元彼
あ、
you
you
お?
元彼
元彼
…。
じゅんぴ
じゅんぴ
…。
you
you
…。
ん?
人が転んでるのに無視ぃぃぃ?!?!
なんだとぉぉぉ?!




って思ってたらさ、パンツ見えそうになってるわけ。
これは流石にやばいと思ってすぐ立ちましたけど、誰か助けろよぉぉぉ!!
じゅんぴ
じゅんぴ
あの、さっき大丈夫だった??
you
you
うん!全然大丈夫だったよ?見えてないし!!
じゅんぴ
じゅんぴ
ごめん、こっちの角度からは見えちゃった…。
おう!?


まじか!!!
パンツ見られたのかよぉぉ!!!
you
you
あ、そうなのね。まあ大丈夫よ!気にしないでねっ!
じゅんぴ
じゅんぴ
うん!
you
you
あ、すぐ忘れてよ??
じゅんぴ
じゅんぴ
忘れられないよぉ〜。パンツ赤だったし…
そこまで覚えてんのかよぉぉぉ!!!!


あのね?
言っておくけど勝負下着とかじゃないからね??
たまたま赤を穿いてただけだよ??
誤解しないでよ??
じゅんぴ
じゅんぴ
…勝負下着…??
you
you
ちげえわぁぁぁぁ!!たまたまだよぉぉ!!
じゅんぴ
じゅんぴ
ふーん
なんか空気微妙じゃん…?
じゅんぴ
じゅんぴ
あれ?何色だったっけ…えーっと…
思い出さないでいいわ!!


ってか本当に忘れたのね。
you
you
思い出さないでいいよ?♡
じゅんぴ
じゅんぴ
う、うん!
流石のじゅんぴも引いたね☆