無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

#7
それから3日後。
その辺の道を歩いていると…
you
you
へっ?!
you
you
(例のイケメン!ジュン!お、名前覚えてたわ。)
じゅんぴ
じゅんぴ
あ!えーっと…
you
you
あなたです。
じゅんぴ
じゅんぴ
あ!そうだった!あなたちゃん〜なんでここにいるの??
you
you
こっちが逆に聞きたいわ。
(どうしてこんなイケメンと2度も会えたんだ。)
じゅんぴ
じゅんぴ
あ、僕はあなたちゃんの家の近所に住んでるんだよー
you
you
…え。どう言う事。
ご近所さん…?
じゅんぴ
じゅんぴ
うん!
you
you
えぇぇぇ?!?!
おばあちゃんっ!
近所にイケメンがいたなんて聞いてないよぉ!?

とにかくありがとう!!
大陸の奇跡の顔面を間近で見させてくれて!
じゅんぴ
じゅんぴ
僕たち、ご近所さんだねっ☆
you
you
おう、そうだねー☆
とりまノリに乗っといてあげよう。