無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

#50
そしてついに帰る日が来てしまった。
家を出てジュンの家の前で立ち止まってた。












出会いは、駅でぶつかって(何だこいつ、ハゲ野郎が。)とか思ってたら実際超絶イケメンでなんか天然っぽいし、自己紹介し始めたりしてさ、、、うん。不審者かと思ったよ。家隣だったしぃぃ!!!

なんかピンポン連打されたりしてたんだけど、連絡先交換したり、じゅんぴの国に招かれて彼女の話とかちらっと聞いて、私のジュン束縛疑惑やガチの方の付き合って、疑惑がありつつも土曜日初デート♡に行きまして、

ってか行き先決まってなくてジュンのおすすめのお店があるっていうから行ったら、中国料理店だったっていう。しかも私辛いの苦手だしぃぃ!!!!で、あんま食べなかったのを心配かなんか分かんないけどしてくれて、カフェに来た。「ちょっと?間接キスしたんじゃね?」とか勝手に思いながら、帰り道。「付き合って」の意味を聞いたらさ。「一緒に出掛けてくれる人いないかなーって思って」と言われましたよ。でしょうね。うん。そっちの意味じゃないとあり得ないわ。


で、遊園地に行く事になったから自分磨き?をしようと街へ繰り出したのよ。
そしたらさ、ジュンと髪の長い女の人が歩いてた訳!!
で、後を尾けたら←やばいヤツだよね。うん。
イタリアンレストランとかおっしゃれーな店に入って行きやがったからさ!私も入ったのよ。そしたらさ、「お1人様は少々お待ちください」みたいな事言われてさぁぁ!!!しかもその店員がよぉぉ!クセ強いし、うるさいしぃぃ!!お前なんでクビにされないのって思うくらいよ。


それから女の人の顔を見ようとトイレめっちゃ行き来してたらさ6回目のトイレの帰り。「あなたちゃん?」うん。ついにバレたよ。であり得ないタイミングで店員話しかけてくるしよぉぉ!!!で、しかもうるさい店員はジュンの友達だったしぃぃ!!!
ってか女だと思ってた人、男だったしぃ!!「俺」って言うしぃぃぃ!!
ジュンの友達全員イケメン説。
レストランからの帰りさ、「毎日暇なの??」「だったらなるべく毎日会いに行くね!」とか言われて。
流石に毎日はやめろって思ってたら本当に翌日早朝4:00にピンポン!ピンポン!鳴らして来るしよぉぉ

なんだよ、って思ったらまさかの旅行当日発表というね。
まず水族館に向かったんだけど通知がうるさくて、誰だよ!!とか思ってたらジョンハン様だったという。
何故かジュン宛のメールめっちゃ送ってきてデート妨害してよ、その1分後。
何故か釜山にまでスニョンが居てよ、サラッと私を男だと思ってた、的な発言をして怒ってたら、
you
you
今サラッと男だと思ってたって言ったね??ん?
スニョン
スニョン
ごめん〜
you
you
許して、、、あげな〜い!
スニョン
スニョン
えーーごめんってば〜
じゅんぴ
じゅんぴ
嘘だよぉ〜
とか何故かジュンが言ってくるしよぉぉ!!
お前がいう事じゃねぇだろぉぉ!!とか思いながらも水族館に着いて昼食も食べ終わった訳。

でも居たんだよ…。

元彼がなぁぁぁぁ!!!!
見つからないようにそーっと歩いたら見事に転けまして、誰も助けてくれねぇのかよ!!とか思ってたらジュンの角度からはパンツ見えてたっていうね。
you
you
あ、すぐ忘れてよ??
じゅんぴ
じゅんぴ
忘れられないよぉ〜。パンツ赤だったし…
じゅんぴ
じゅんぴ
勝負下着…??
you
you
ちげえわぁぁぁぁ!!!たまたまだよぉぉ!!
まあ、空気微妙だったけどね。うん。
その後ショーを観てたらさ斜め前に元彼達が座っててショーよりもそっちをガン見するというやばいヤツになりかけてた頃ショーが終わり、
じゅんぴ
じゅんぴ
可愛かったね〜どの子が好きだった??
you
you
おー、、見分けつかなかったな☆
じゅんぴ
じゅんぴ
僕もね、、見分けつかなかった!!でも可愛かった!!
じゅんぴ
じゅんぴ
あ!さっきの人じゃん!
とか大声で叫ぶからそっち見たら、スングァン(元彼)の現在の彼女に睨まれてたよぉぉ
違うんですぅぅ〜じゅんぴは天然なだけなんですぅぅ〜とか思ってたらスングァンさ、今私だったということに気づいた、って言ってたよ。
で、お土産見に行ったらさ、スニョンと同じような人種の方がもう1人存在してたよ。
ジュンが無視してるっ?!
って思ってたらちょくちょくスングァン入ってくるし。
しかも最終的にはもう意味分かんなかったよね。
ジュンは無視してた訳じゃなくて聞いてなかっただけだし、お店の人2はうるさいし、スングァン入ってくるし。


色々カオスだったね☆
で日が沈む頃。
ジュンが急に走り出したから後に着いてったら海だったというね。
本当はここで告白するつもりだったんだけどスニョンが良いムードの中登場してきたりさぁぁ!!妨害してくるから睨みつけてやったよぉぉ!!!なんか用事あったみたいだけどㅎㅎ
そしたら今度はお店の人2が
お店の人2
お店の人2
あぁ!!さっきの人じゃないですかぁぁ!!
お店の人2
お店の人2
やっぱいい感じじゃないですかぁぁ!!うんうん。そうだよなぁぁぁぁ。やっぱりかぁぁぁぁ。
とか、いちいち納得する時間が長いしさ、邪魔されたくないからお得意の睨み技を効かせて帰っていただきましたよ。今度は電話がすげえ鳴ってるから出たら、
ジョンハン
ジョンハン
ㅎㅎ嫌がらせの電話。
とか言ってくるしよぉぉ!!
戻ったらジュンはスニョンの用事聞きに言ってるしよぉぉ!!
you
you
あのね、私、ジュンの事が好き
って言ったのにぃぃぃ!!!
でなんやかんやホテルに行ったらさ、ロビーにジョンハン様いるしぃぃ!!!
なんか泊めさせてくれ、とか言ってくるしぃぃぃ!!!

翌日。
ジョンハン様の姿を見た者はいなかった。




と思ったけどロビーでめっちゃくつろいでた。
それよりもまず。
ジュンの可愛い寝顔を見れた事の方が印象に残るわ。
で、新幹線乗ってる時
じゅんぴ
じゅんぴ
あなたちゃんは嘘とかついたことある??
って聞いてきてさ、よく分かんなかったけど
you
you
えー、そりゃああるよ〜
って言っといたㅎㅎ
じゅんぴ
じゅんぴ
これからずっと彼氏役しようか??
って言ってくれるから嬉しいんだけど彼氏役じゃなくて彼氏になって欲しかったな。
ジュンに彼女が出来たらどうするのか、って聞いたら
じゅんぴ
じゅんぴ
…僕には彼女なんかできないよ〜
って。絶対モテると思うのに〜
で翌日。コンビニでイケメンオーラめっちゃ放ってる方がいたから顔見たらジョンハン様だったいうね。で、しかも店員はスニョン。
お店の人
お店の人
いらっしゃいませぇぇぇぇ!!!
おう。今日も元気だな。
これ通常運転だもんね。うん。
で色々あってスニョンに協力してもらい告白作戦スタートしたものの残り3週間。
って思ってたらいつも通りピンポン連打してくる人(じゅんぴ)が映画に誘ってくれたよ。
ここでもスニョンは働いていたという。で、手が触れるか?的なドキドキ感じながらいたからさ、映画なんか見てなかったよ。
で、お姉ちゃん帰るから空港に見送りに行こうと思って空港に来たわけ。お腹空いたしご飯食べるかーってなったら、店員がお店の人2だったと言うね。
で何か運命だとか言ってくるんだけど運命では無いよね。うん。
そっちが勝手に来るだけだからね。
で、見送った後スニョンと、可愛いベビー顔のジフン君に会って色々話しましたよ。((雑だね。
その後家帰ったらジュンが用事があるんだーって言って、居たんだよ。
you
you
す、す、す、
す、までは言えたんだけど好きって言えなくて、
でジュンが用事思い出したっていうから聞いたら
じゅんぴ
じゅんぴ
繁華街とか行ってみない?
的なお誘いをもらったんで行きましたよ〜で、お店入って見てた訳。
ちょっと下ネタ入りましたし、少し恥ずかしい勘違いもしたんだけども置いといてー
人が多いから、って手を繋いだんすよぉぉー
で、また違う日。
カトクで「おっ泊り会しよーぜぇー!!」←こんな感じではなかったよ。安心してね(?)
みたいな事言われたからジュンの家に来たのよ。
風呂入ってないよぉー?!っていう嘘をついて風呂入りながら乙女モードに浸ってた訳。そしたら1時間ぐらい入ってたみたいで、上がったらジュンが居たんだよぉぉ!!裸は見られてないけどね。
今度はジュンが入るねーってなって鍵を貸してもらったのよ。同棲みたいじゃない??うふふふ♡
で、コンビニ行ってくるわー的な話になったんでいつものコンビニへ。
もうにやけが止まらない訳よ。
だってスニョンじゃない方の店員がイケメンなんだもん…ぐふふふふふふ♡((もう笑い方気にしないでねㅎㅎ
〝例のアレ〟って誇張させてんのに
お店の人3
お店の人3
……。
真顔だしぃー!!
もう良いや!って思ったらイケメンが、スニョンと話してきて良いですよ(?)みたいなこと言うからカフェに来ましたよ。
スニョン
スニョン
僕には分かるんだ…
スニョン
スニョン
僕、人がいつ死ぬのか分かるんだよね。
で、話を聞いてたのをまとめるとね、
・ある時からなんとなく分かるようになった
・3ヶ月後に交通事故か通り魔で亡くなるのでは
・ジュンの彼女は高校生の時亡くなってしまった
・彼女が亡くなる事をスニョンは知っていたけど、色々考えて言おうと思った
・言おうと思った時には遅く、彼女は亡くなっていた

でジュンの事思い出して家に戻ったらまだ風呂から上がってなかったらしい。
遅すぎん??
まあ、色々あってシングルベッドに2人で寝る事になりーの、発狂しそうになりーの、朝起きたら落っこちーの、まあ要は色々あったのよ!!うん!((雑よねw


で、ジュンの寿命の事話したら、距離置かれるようになっちゃったわけで…




長くなりましたけど、
現在ジュンの家の前で佇んでおります。