無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

#55
you
you
あ…。ジュンじゃなかった…。
期待して損したぁぁぁぁ!!!!!

誰だよぉぉぉぉぉ!!!!
って思ったら、、、































you
you
ジョンハン様やぁぁぁぁ!!!!!!
you
you
申し訳ございませんでしたぁぁぁぁ!!!!…で?何の用だ?おら。
ㅋㅋㅋジョンハン様ㅎㅎㅎㅎ
you
you
静かにしてくれる?!今読んでるんだからっ!!
へーい
ジョンハン
ジョンハン
「あなた〜」
ジョンハン
ジョンハン
「元気〜??俺は元気だよ〜」
you
you
…は?お前が元気かなんてどうでもいいんだよぉぉぉ!!!おらぁぁ!!
ㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
ジュンが元気か聞きたいけど、、、


聞く勇気はない…。
you
you
「え、元気だよ。バリバリ元気だよ。どうしたんだよ。じゃないわ。どうしたんですか。」
ジョンハン
ジョンハン
「いや、ただ聞いただけㅋㅋ好きな人ってあれから出来た??」
you
you
「んー、、、、出来てない。」
ジョンハン
ジョンハン
「じゃあ今もジュン一筋?!」
you
you
「うん」
ジョンハン
ジョンハン
「うわぁーー。まじで?」
you
you
「え。引かないで?」
ジョンハン
ジョンハン
「いや、引いてはないけど。すごいなーーーって思って」
you
you
「で、用って元気か?ってだけ??」
ジョンハン
ジョンハン
「んー本当はもうちょっとあったんだけどいいやー、また別の機会にするわ」
you
you
「ふーん」
ジョンハン
ジョンハン
「あ、クリスマスの予定って??」
you
you
「……。」
ジョンハン
ジョンハン
「ㅋㅋㅋㅋㅋ入ってないの?!まじで?」
ねえ。
本当はさ、こんなイケメンにクリスマスの予定聞かれるって嬉しい(?)だろうね。うん。




ってかちょっとうざi((殴
ハニペンさん。
ごめんなさい。嘘です。

でもそんな笑わないで良くない?!
you
you
「まじだよぉぉ!!!だから友達とクラブで遊ぼうみたいな話してる」
ジョンハン
ジョンハン
「どこのクラブ??」
you
you
「その辺のクラブ」
ジョンハン
ジョンハン
「ま、いいや」
ジョンハン
ジョンハン
「じゃあね〜幸せなクリスマスを送ってね〜ㅋㅋ」
you
you
「……。」
幸せなクリスマス?!?!
送れるはずがねぇだろぉぉぉぉぉ!!!
彼氏もいない。
友達は女ばかりで。
寒ーい夜に暖めようと思ってくれる人すらいない。







ジュンもいないし。