無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

#53
あ、待って。←急になんだよ、って思うよね。うん。今から説明するから大丈夫よっ☆







カトク、という連絡手段があるじゃないか。
そうだよぉぉぉ!!!
なんで思いつかなかった、私。








気づいたからには連絡するしかないよね。うん。






でも、、、、なんて送ればいいか分からん…。
あ、スニョンだ!スニョンを忘れてた!
ってか約束破っちゃったな。←約束はしてないけどね
告白しないまま日本に帰って来ちゃったし、スニョンにも謝らなきゃ。
〈カトク〉
you
you
「スニョン〜!ごめんね!!」
スニョン
スニョン
「どうしたの??」
you
you
「私、実はジュンに告白しないまま帰っちゃったんだよね…」
スニョン
スニョン
「え〜?!そうだったの?!てっきり言ったのかと思ってジュンに問い詰めちゃったよ〜」
スニョン
スニョン
「あなたちゃんとはどうなってるの?!?!って」
あ…。
スニョン。やっちゃったな。お前、、
私達今なんか分かんないけど仲良くないんだよぉぉ!!!
私は仲良くしたいんだよ??
you
you
「あ…はい。なるほどね」
スニョン
スニョン
「え?僕なんかしちゃったの?!ごめんね!!」
you
you
「あー。大丈夫っすよ」
you
you
「それよりもさ、ジュン。生きてる?」
スニョン
スニョン
「え?生きてるよ?」
you
you
「なんだ〜良かった」
you
you
「この前ジュンの家行った時いなかったんだよね」
スニョン
スニョン
「え??いつも家にいるはずだけど??」
you
you
「え?まじで??いなかったよ?」
スニョン
スニョン
「へぇー」
スニョン
スニョン
「そういえばさ、もうジュンに告白とかしないの??」
you
you
「うーん、、したいけど、したくないし、」
スニョン
スニョン
「ㅋㅋどっちなの??」
you
you
「する…けど、避けられてんだよね…」
スニョン
スニョン
「え!避けられてたの?!だからジュン、あなたちゃんの事なんも話さなかったんだ!」
you
you
「あーそうなのね」
スニョン
スニョン
「で、連絡とかもしてないの??」
you
you
「うん…今からしようかな、って思って相談したの」
スニョン
スニョン
「あーじゃあ連絡するだけでもしたら??」
you
you
「そうだね」
ジュンとのカトク
you
you
「ジュン」
you
you
「この前はごめん。なんか秘密にしてたのにバラしたみたいになっちゃって」







送ってから1週間経っても既読もつかない。





ねぇ。
あの頃に戻りたい。
ジュンが言わないでくれた秘密を、私が言わなければ。






今も話せる仲でいたのかな。
you
you
「ジュン、既読付かなくても言うね。」
you
you
「好きだよ。」