無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

#28
そろそろ水族館から出ようか、ってなった時にはもう日が沈みそうになっていた。

突然ジュンが走り出した。
you
you
何やってんのー??
じゅんぴ
じゅんぴ
早く来てっっ!!
you
you
分かった〜!
と言って私も走って後を追いかけた。
着いた先は、
you
you
海だ…。
じゅんぴ
じゅんぴ
ちょうど夕陽が見える時間に行かなきゃな、って思ったんだけど走っちゃってごめんね!
you
you
ううん!
実はちゃんと考えてたんだなー、
とか思いながら夕焼けを見ていると
じゅんぴ
じゅんぴ
あ、スニョンじゃん!!
おい、コラァてめぇ。
良いムードの中登場すんじゃねえよぉぉ!!
スニョンの方が主役になってねえか??
スニョン
スニョン
やっほ〜!!あ、やっぱ用事あったけど後にするわ…。
うん。スニョンがこう言ったのは
きっと、
私が睨みつけたからだなぁぁ!!!
じゃあな!スニョン!用事はまた今度にしてくれぇぇ!!
じゅんぴ
じゅんぴ
ふーん、分かった〜バイバーイ
スニョン
スニョン
じゃあな〜!
you
you
あのさ、ジュンi
お店の人2
お店の人2
あぁ!!さっきの人じゃないですかぁぁ!!
お店の人2
お店の人2
やっぱいい感じじゃないですかぁぁ!!うんうん。そうだよなぁぁぁぁ。やっぱりかぁぁぁぁ。
1人で勝手に納得されてますけど
「そうだよなぁぁぁぁ。」
「やっぱりかぁぁぁぁ。」



長いのよね。
納得してる時間が。
お店の人2
お店の人2
あ…、じゃあ、お2人で楽しんでくださいね…、
うん。
今回もまた、
お得意の睨み技を効かせて帰ってもらったよ。