第45話

𝟒𝟓
2,669
2023/03/30 14:00





あなたちゃんは遠慮してるのか

ソファーの端に膝を抱えて座っていた。






汚れたワンピースの代わりに着せた

自分のTシャツとジャージは

意外に似合ってて、こう、なんか

クるものがある。














ようするに、可愛いってことなんだけど。














_@_
脚、楽にしたら?

これが楽です。

_@_
敬語だと、距離感じるからなくしてくれたら嬉しいんだけど

でも、

_@_
家に泊まらせてもらうことに申し訳無さを感じてるなら
_@_
それのお礼ってことでいいし、








あなたちゃんは俺の顔をまじまじと見て

眉間をシワを少し寄せた。








_@_
あなたちゃん、?

どうしても勘ぐっちゃうの。
クラブで会って、家にまであげてくれるなんて、遊び人なんじゃないかって






遊び人、。









_@_
あなたちゃんは遊び人がどんな人か知ってるの?

人の気持ちを弄(もてあそ)ぶ人。







それは、遊び人っていうより

ただのクズな気がするけど、。








_@_
俺は遊び人じゃないし、クラブなんて場所はほとんど行かないし、嫌いだよ。

ほんと、?

_@_
でも、まぁ、あなたちゃんに出逢えたから今日は行ってよかったのかも

嫌いなのに今日は行ったの、?

_@_
仕事の延長線で。

なんの仕事?







言おうか、言わまいか

俺は一瞬迷った。





多分あなたちゃんは俺を知らない。

俺がチェ ヨンジュンだと知らない。







だから、

言ってもいいか、という結論に至った。












_@_
芸能関係。









それを聞いたあなたちゃんは

愛らしい目を大きく見開いて、

すぐに伏せた。









_@_
どうしたの、?






声を掛ければ

少しつらそうな顔をして

俺を見る。








チュニは、
俳優?モデル?タレント?アイドル?

_@_
モデル、だけど。

そっか。
似てるね、チュニ。








テーブルに置かれた

水のグラスをなでながら

あなたちゃんは抑揚のない声で言った。












_@_
え?

私の初恋の人に似てるㅎㅎ









タクシーの中で言ってた、

知り合いのこと、?









_@_
なんか嬉しいような嬉しくないような複雑な気持ちなんだけど?










ふふ、なんて笑って

口をグラスにつけるあなたちゃん。




初恋の人、か。










· · · 好きって言ってくれる?











苦い顔と、抑揚のない声と

渇いた笑み。




極めつけのそのセリフと泣きそうな顔で

なんとなく理解した。







あぁ、あなたちゃんは、

今もその人のことを忘れられないんだなって。



















_@_
…好きだよ、本当に。
_@_
あなたちゃんだけが好きだよ。










遊び人だなんて勘違いされて

俺も少しは腹が立ってた。





だけどあなたちゃんのそんな顔見たくなかったし、

他の男を思い出してると思うと

付き合ってるわけでもないのに

変な独占欲と嫉妬心がふつふつと湧き上がってきた。












_@_
あなたちゃん、











俺があなたちゃんの頬をなでて

髪の先を指に巻きつけると

あなたちゃんは啄(ついば)むように

泣きながら俺にキスをした。









なんで泣いてるのかわからない。

なんで悲しそうなのかわからない。





だけどその初恋の彼との恋愛は

きっとあまりいいものじゃなかったんだろうな。






そう思って、

悲しみを消し去ってあげたくて

あなたちゃんを泣かす顔を知りもしない

" 誰か "をあなたちゃんの

中から追い出したくて















俺はそのままあなたちゃんを抱きしめた。





















プリ小説オーディオドラマ