無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
1番。
1番って特別、だよね?
みんなから注目されて、たたえられて、褒められて。
それってすごいことだと思う。
でも、
でもね。
それは、本当にわずかな人しかなれない。
でも思い出して見て?
褒められた時の、注目された時の、あのなんとも言えない喜び。
そんな喜びがこみあげえてくる瞬間。
今、ここに
生きてるって感じるの。