無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

道枝くんVer.
3~5話完結くらいで男子校とか聞いてない
の裏?オプション?書いていきます💖


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈










あの日から1ヶ月間。西1年で過ごして、








『席替えしたいなぁ、笑』





道枝「そんなに俺の隣いや?!」





『いや!日差し強いのにみんなカーテン開けるし寒い時でも窓開けるし、窓がいや!あと前がうるさいなぁって?笑』




道枝「安心したなーあ長尾~?」




長尾「俺も?宮ちゃんの前?いや、だけど?」




『え、酷いふざけてただけたのにぃ( o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅ )』




長尾「ねえ待って、!俺もふざけてたの!」




『はい引っかかった~笑』




道枝「まじで長尾単純笑」




『それね?笑』




西村「あなた~移動教室やって~」




『りょーかい!』




西村「一緒に行こ?」




『うん!』





道枝side


西村距離つめてんな~、
あなた、西村好き、、?
みんな狙ってるし、風雅とか幼なじみとか何?!まじで無理だわー。
初恋って実らないんだな、笑
てか當間とか岡崎とか佐藤なんとかってやつに
デレデレしててきしょい。あんなんヤンキーじゃねえよ不良じゃねえよ。西にはいらない。




『…くん? 道枝くん?大丈夫? 移動教室だよ?』




道枝「え!なんで?あれ?西村は?」




『あー拓哉くんも待ってるよ?ほら!道枝くんも行こ?』




道枝「えそうなん?!ありがとう!まって!」




『うあー疲れたー、』




「ええ!あなたちゃん体力無さすぎ~笑」




『それな?!笑 夢菜ちゃん憧れるわ~笑』




「そ?笑 夢菜はあなたちゃんの作り天然できるような腹黒さが欲しいなぁ」




『へ?作り天然?笑 あなた腹黒いかな?笑』




風雅「そのまんまのあなたやで作り天然なんかやないし腹黒くないから大丈夫やで?」




『そ、か?笑』




道枝「うん!逆に作り真面目された方が困るし?笑」




『そっか!笑 なんかありがと?笑』




西村「腹黒いんは佐藤なんとちゃう?」




「ひどぉい😢あなたちゃんの裏知らないくせに!」




風雅「幼なじみの俺でも裏は知らんからお前が知っとるはずないやん。しかも絶対裏ないから」







「樹くん好きなくせに!西村くんと道枝くんキープしてさ?!ほかのクラスの子も何人かキープしてるんでしょ?」








『え、笑 田中先輩に恋愛感情は無いけど好きだよ?笑 キープって何、、?笑 道枝くんも拓哉くんも大事な友達だよ?』








待って待ってグサッてきた









?「うるさいなあ」