無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

道枝くんVer.3

道枝「もー彼氏なんやから駿佑って呼んでや?」
























『しゅん、くん、』


















道枝「可愛ええ可愛ええ!!」





















『デレデレしてたら不良でもヤンキーでもないんでしょ?!』

















道枝「そーやった、笑」










『あーあ、笑 あなたはかっこいい駿くんが好きなの!』


















道枝「分かったよ、笑」














『教室、行こ?笑』










道枝「手繋いでいく。」














『ん、笑』














道枝「お腹空いた~」















田中「あなたちゃーん?ご飯食べよ?」









『先輩、、!あの、あなたね、』













道枝「すみません。今日から俺の彼女なんですよ笑」










『ごめんなさいっ?』











京本「謝るなって」











松村「いーじゃん?いつか俺らが奪うけど」













田中「俺ら3人はほら!セフレでしょ?あなたちゃん?笑」










『んも!それは、違いますよね?!』










田中「彼氏出来てもセフレ続けるもんね?」










『えっと…』











京本「あれ?また逆らっちゃう?」










松村「ま、いいじゃん?彼氏出来ても彼氏よりも俺らだもんね?」












『いや、えっと』










宮近「あなたにはボディーガードもいるんだもんね?ボディーガードいないとあなた無理じゃん?笑」








『わあ海斗くん!!聞いてよ!駿くんはたすけてくれないしね?』










田中「駿くん、、」










京本「まじないわ」










松村「駿くんって笑」










宮近「で、、?」










『先輩たちはいじめてくるの!』










宮近「やっぱ俺とやり直そ?俺なら守るよ?」










『海斗くん好き~』










道枝「は?俺は?」









『ん?大好き笑』










道枝「あー(><)」