無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第8話

平野 Ver. 2


「ひとつひとつの行動が可愛くて!平野先輩って話しかけてくれるだけで嬉しくなって、あなたちゃんは無意識だと思うけど立ち上がる時に俺の膝に手乗せて体重かけてきたり、上目遣いしてたり、顔赤くなってたり、行為中の声とか、眠たい時にデレデレになったり、全部が愛おしくて…なんか、その、えっと…好きです、!?」





田中「行け!あなた行け!(小声」




京本「ギューって!(小声」




松村「さん、に!いち!(小声」






『ギュッ) …あなたも、好き、です、』





京本「幸せにな、」





田中「泣かせんなよ?笑」





松村「俺らにも青春諦めて店もどれってことか、笑」






平野「一生幸せにします、笑」






永瀬「あー!紫耀かっけえ!」





宮近「良かったよかった!」







ジェシー「撮れ高もばっちり!」






髙地「俺も女欲しー」





中村「それな?」






ジェシー「コーチにはおれいるじゃん?笑」






向井「よかったやん!」







平野「こーじ、、」







向井「ほらー!俺やなくてあなたちゃんやろ?」






平野「あ、おん!」








大吾「まじかーでも紫耀なら、」





福本「ほんまそれ、笑」






西村「紫耀くんならいっかー、笑」


































『なんか、人多くない…?』






永瀬「チューしてるとこ1回だけ見せて??」






宮近「俺も見たい!」





ジェシー「1回だけ!AHAHAHAHA!」






『えぇ、、』






平野「あなたちゃん」





『平野先p…んっ、』





平野「あーー!はずい!!!」





永瀬「ほんまなんかあったらすぐ俺んとこ来いよ??あなた???」








Fin