無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

道枝くんVer. 2

道枝「あのさ?キープとかじゃないの。俺が勝手に行ってんの。なんも知らないくせに辞めてくんない?」








「ごめっ、んなさいっ、😢」









當間「泣かせるのはないんじゃね?」





















道枝「お前らも騙されてんだよ気づけよ。この厚化粧。それに何女にそんなデレデレしてさ?金巻取られてんの?笑 笑えるわ~。目。覚ましたら?こいつ裏でお前らの悪口言ってるよ?笑それに藤原くんもデレデレしすぎてるやつは西にいらねえ不良でもヤンキーでもねえって言ってたよ?笑」























大西「仲間割れはやめよ?」















『道枝くん、いいよ、しょーがないもんっ、泣』









道枝「いいわけないじゃん。しょーがなくないじゃん。許せない」











『ごめなさいっ、』









風雅「どこ行くの?」









『先輩のとこ。』









保健室







『先生帰りたいです!!!』





菊池「なんでよ笑」





『道枝くんと當間?くんが喧嘩しててー、理由があなたと夢菜ちゃんで、、泣』





菊池「そっか~、笑 休む?俺と話してる?笑」




『話してる、!』





福本「つーかーれーたー」




菊池「どした?笑」





福本「あ、あなたちゃん。 あんな!先生!あなたちゃん聞いてや!なんやっけ?武田?萌香?めちゃくちゃめんどいねん!!」





『お疲れ様です』





福本「サボりたいけどもーそろそろ誰か来るから逃げたいなあ」




『あなたも逃げたいなあ、笑』




福本「先生!俺ら逃げるから聞かれても何も言わないでね?」




『先生お願いしまーす!笑』




福本「よっしゃ行こ?」




『はーい!』




福本「手。走るよ~笑」




『先輩足早!笑』





福本「ここ好きなんよね~」




『空き教室かぁ』




福本「俺な?永瀬廉おるやん?あいつと仲良くしててさあ、笑 ここで昔密会?しててん、笑 西畑とか平野も一緒の時もあったなあ」




『えー青春って感じですか?笑』




福本「そーやねんけど永瀬達が西はいってからそれがぴったり無くなってん、笑」




『そっか、廉くんにあんまり深堀しない方が良かったんだ…』






道枝「あなたちゃん!あなたちゃん!」







福本「こっちこっち!」






道枝「ここの空き教室来るの久しぶりだな~、廉くんと会った最後の場所か… 泣」






道枝「あーあなたちゃんも東に行くのかな…
廉くん、廉くん!泣 あなたちゃんまで東に行かないで… 康二くんも、西、戻ってきてよ…」







福本「行っといで。」








『道枝くんっ、泣 』






道枝「びっくりした。もう会えないかと思った」






『なんでさ、笑 ほら涙吹いて?』






道枝「あなたちゃんもね?笑」






道枝「風雅が俺とあなたとさくちゃんが会わなくなった時と状況が似てるとか言ってそしたら授業とか忘れて走ってきちゃった」








『何それっ、泣』







道枝「ねえ俺あなたちゃん好きなの。」







『あなたも好きだよ?道枝くん、』







道枝「友達としてでしょ?」







『んーわかんないけど好きだよ?笑』







道枝「好きじゃないなって思ったらすぐ振っていいからさ?俺と付き合ってください。」







『もちろんです、!笑』