無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6
ー医者のもとへ行くー
スモーキー
スモーキー
ウッウッアッ
あなた
あなた
お兄ちャン...
タケシ
タケシ
大丈夫だからあなたはなんにも悪くないから
あなた
あなた
あなたがもっと強ければあなたがもっと周りを見てればあなたが……
タケシ
タケシ
もうここまでなったらスモーキーしかダメなのにな
ピー
ピー
どうする?とりあえず部屋で休ませるか?
タケシ
タケシ
休ませる前にあなたの怪我も治さないと
タケシ
タケシ
結構傷あるよ
雨宮兄弟  広斗
雨宮兄弟 広斗
よっ!
雨宮兄弟  雅貴
雨宮兄弟 雅貴
おっすー
タケシ
タケシ
お前たちなんでここに?
雨宮兄弟  広斗
雨宮兄弟 広斗
ちょっとスモーキーに用があったんだけど...今は無理そうだな
雨宮兄弟  雅貴
雨宮兄弟 雅貴
あれ?あなたじゃね?
タケシ
タケシ
今は何話しかけても応答しないよ?
雨宮兄弟  雅貴
雨宮兄弟 雅貴
なんでだよ?なんかあったのか?
タケシ
タケシ
スモーキーがあんな状態になったのは自分のせいだってずっと自分を責めてる
雨宮兄弟  広斗
雨宮兄弟 広斗
結構怪我してないか?
タケシ
タケシ
してるんだよでも今は触れるだけでも、あなたの震えが酷くなるからよ
雨宮兄弟  雅貴
雨宮兄弟 雅貴
なるほどな
タケシ
タケシ
スモーキーが刺された瞬間を見てるから余計辛いんだろうな
雨宮兄弟  広斗
雨宮兄弟 広斗
どうすんだよこれから
タケシ
タケシ
わかんねぇ