無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8
医者→あなたも結構酷いな
あなた
あなた
うるさい早くして
医者→はい終わり
あなた
あなた
よし!行こー
あなた
あなた
ゴホッ...ヴ...ゲホッゴホッゴホッ...
タケシ
タケシ
あなた?
タケシ
タケシ
ほんとに大丈夫か?
あなた
あなた
大丈夫!
雨宮兄弟  雅貴
雨宮兄弟 雅貴
じゃぁ後で無名街まで送ってくよ
タケシ
タケシ
よろしくな!
雨宮兄弟  広斗
雨宮兄弟 広斗
行くぞ!
あなた
あなた
うん






ードライブしているー
ちなみにあなたは雅貴のバイクに乗ってます
雨宮兄弟  雅貴
雨宮兄弟 雅貴
どこ行くんだ?
あなた
あなた
どこでもいいからこの風に当たりたかった
あなた
あなた
ゴホッ...ヴ...ゲホッゴホッゴホッ...
雨宮兄弟  広斗
雨宮兄弟 広斗
おい!大丈夫か?
あなた
あなた
いつもの事だから
雨宮兄弟  雅貴
雨宮兄弟 雅貴
スモーキーと同じやつか?
あなた
あなた
そーそー私の方が酷いらしいけどね笑
雨宮兄弟  広斗
雨宮兄弟 広斗
はやくかえって寝た方がいいんじゃないのか?
あなた
あなた
もうちょっとだけこの風に当らせて
雨宮兄弟  雅貴
雨宮兄弟 雅貴
俺らは全然構わないけど
あなた
あなた
ゴホッ...ヴ...ゲホッゴホッゴホッ...
雨宮兄弟  広斗
雨宮兄弟 広斗
(ほんとに大丈夫かよ)
雨宮兄弟  雅貴
雨宮兄弟 雅貴
(大丈夫なのかあなた)