無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

20
ーそれから数日経ってー
あなたの状態が悪化した
あなたは1人で外に出て遊びに行くことは無くなった
スモーキーも結構悪化はしたがあなたほどではなかった
タケシ
タケシ
あなたおはよ
あなた
あなた
おは……よ…
タケシ
タケシ
ご飯どーする?
あなた
あなた
いら……ない…ゃ
タケシ
タケシ
わかったゆっくりしてろよ?
あなた
あなた
あなたは声を出すのもしんどいくらい悪化していた 



このままだとあと1ヶ月もつか分からないと医者に言われた
タケシ
タケシ
あなたどんどん体調悪くなってないか?
らら
らら
そーだよね
らら
らら
どーしてあげることも出来ない(´இ﹏இ`)
ピー
ピー
どしたら良いんだろうね
スモーキー
スモーキー
あなた外にだしてみるか
らら
らら
お兄ちゃん!!やすんでないと
スモーキー
スモーキー
大丈夫だ
タケシ
タケシ
外に出すって?
スモーキー
スモーキー
前みたいに雨宮とかにバイクでドライブとかさしたり、無名街を散歩したりしたら少しはあなたの気も紛れるだろ
ピー
ピー
誘ってみるか?
タケシ
タケシ
そーだな
タケシ
タケシ
その代わり俺たちで行ってるからスモーキーは休んでて
スモーキー
スモーキー
わかった