無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

トマトジュース



帰っている時あなたは、ずっとトマトジュースを飲んでいた



僕達(俺たち)は、聞いた事がある

トマトジュースを沢山飲んでいる人は、血を飲んでいるって


どういうことなんだろう







この謎が解けたのは、ここから少し先の話だ


次の日
ころん
ころん
あ!あなた!
ジェル
ジェル
何飲んでるん?
いつもどうりトマトジュースを飲んでいる
あなた
あなた
ち...トマトジュースだよ?
ジェル
ジェル
血?
あなた
あなた
噛んだ‪w
血?トマトジュースに血が入っている...

やっぱりそうなのかもしれない
━━━━━━━━廊下━━━━━━━━
莉犬
莉犬
でさ〜‪w‪w
あなた
あなた
持つよ?
モブ郎
モブ郎
大丈夫です
あなた
あなた
おもたそうだし!よいしょ!
そう言って学級委員長が持っているたくさんの本を半分持った

やっぱり優しいな〜
あなた
あなた
どこに持っていくの?
モブ郎
モブ郎
職員室です!
あなた
あなた
リョーかいっ!


いつもどうり優しくて気が利くんだ


━━━━━━━━━━━━お昼━━━━
莉犬
莉犬
あなたーたべよ?
あなた
あなた
うん!
みんな「いただきます」
さとみ
さとみ
そう言えば、最近薔薇の吸血鬼って人が、ニュースになってたよね
あなた
あなた
う、うん!
ななもり
ななもり
なんか、怖いってゆってたね
るぅと
るぅと
血吸われたくないですね〜
ころん
ころん
確かに 
〈あなた〉私が吸血鬼だなんてバレたら...





-------------キリトリセン--------------

なんかバグって変な文章になってたので少し変えました


スン↓マセーン↑(゚∀゚)!!!

(これでも反省してます)