無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

不思議だ
ころん
ころん
遅いよなーくん!
ななもり
ななもり
ごめんごめん
いつもどうり、俺たち(僕達)は、待ち合わせをしていた


僕たち(俺たち)は、一緒に住んでいる
モブ子
モブ子
キャーーーなーくん♥
モブ美
モブ美
かっこいい!
モブ子
モブ子
キャーーーあなたちゃん(  ´͈ ᵕ `͈ )♡
モブ郎
モブ郎
おーーーあなたちゃんが来たー(  ´͈ ᵕ `͈ )♡
あなた
あなた
さようなら( ^^ )
モブ男
モブ男
(っ'-')╮ =͟͟͞͞Σ♥─(´・ω・`)→グサッ…
モブ子
モブ子
さようなら


あーやっと居なくなった

あなた
あなた
あのー?
ころん
ころん
はい?
あなた
あなた
これ落としましたよ?
ななもり
ななもり
あ、ありがとう
あなた
あなた
ちなみにこれって...
あなたさんが拾ってくれたものそれは、

僕らの匂いをおさめる薬だった
ジェル
ジェル
シー!
あなた
あなた
あーごめんね!そういやあんまり喋ったこと無かったし、仲良くなりたいなーって
るぅと
るぅと
え?
あなた
あなた
だめかな?
るぅと
るぅと
ほんとですか!
莉犬
莉犬
嬉しいよー(  ´͈ ᵕ `͈ )♡
あなた
あなた
私も( ^^ )敬語もなし呼び捨てあり!
莉犬
莉犬
あなたー!
程遠い存在だったあなたさん、いやあなたから、仲良くなりたいなんて、とても嬉しかった



でもなんでだろ?
あなた
あなた
じゃまた!
考えてるうちに、あなたが家に帰った、どこに住んでるんだろ?




不思議だ...




気になって仕方ない






莉犬
莉犬
また明日!
あなた
あなた
また明日(  ´͈ ᵕ `͈ )♡




また明日

明日も楽しみだな〜