無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

400
2021/05/01

第7話

知らない大人の人
歩いていった先に壁があった。
...やっぱり許してくれないよね...。
モブ1「ねえ、あんた、私達の為にさ死んでくれない?」
「死んでいいなら死んでますよ」
モブ2「はぁ?私達が言いたいのは今ここで死ねって言ってるのよ!」
モブ3「何?それとも関わらないって約束する?」
「誰とですか?」
モブ1「人気者組のことよ、私達が関われないじゃない、どうするつもり?」
「いや、関わらなくて良いと思います、僕は無理やり声かけられてるだけなので」
モブ3「殺すわよ...!」
「殺せば良いじゃないですか」
モブ1「じゃあ殺してやるわよ!!!」
そういって、モブ達は包丁を持った。
勿論手袋した状態で包丁を振り下ろした。
結果的には死ぬ運命、だったら最後くらい...
...一人で死んだっていいよね...。
その時
モブ1「いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」
モブ2「ちょっと!!!しっかりして!!!」
何が起こってる?ゆっくり目を開けるか...。
ゆっくり目を開けるとそこには知らない大人の人がいた。
でも見覚えはあった。
その見覚えと言うのは...らっだぁさんに似ていた。
???「これで一人目...次で二人目...」
その人は何かぶつぶつ呟いていた。
おそらく一人目というのはそこの人達のことだろう。
えっ?待って?もしかして、一人目って殺した数!?
だったらとめなきゃ!!!
「あの!え~と、大人の人!」
???「ん?俺か?」
「は、はい...」
???「待ってろ、今向かう」
「えっ?あっ、はい」
いい人そう...?
いやでも警戒といちゃだめ!もしかしたら敵かもだし...。
???「来たが...どうかしたか?」
「いや速っ!?そして、近い...」
というか身長高っ!?いいなぁ僕身長150だから羨ましい...。
???「...ちょっとごめんな」
「はい?って、ちょっ!?えっ!?何でお姫様抱っこ!?」
???「静かにしろ」
ちょっと待って!?息が聞こえるし、手温かいし、近いし...。
何これドラマ!?僕ドラマ見たことないけどね!?だとしたら恋愛アニメみたいな!?いやアニメも見たことないか...。
と、とにかく...これ恥ずかしい...。
あっ、そういえば名前聞いてない!!
「あの、名前なんですか?」
らだ男「...らだ男だけど」
ん?んんんんん?どういうこと?えっ?何?らっだぁさんなの?えっ?
らだ男「あと言っとくけど俺はらっだぁじゃないからな」
「えっ?あっ、そうなんですね、というか降ろしてください、お願いします何でもしますから」
らだ男「なにもしなくていいから...」
「あっ、はい...で降ろすんですか?降ろさないんですか?」
らだ男「降ろさんよ?」
「降ろして欲しかった...」
らだ男「っ...我慢しろ」
えっ?何?何で今痛そうにしたの?もしかして何かしたかな...?
...大丈夫...だよね...?