無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

497
2021/04/30

第5話

らっだぁさん可愛いの会
「だって超可愛いんだもん!!もう頭撫でたいぐらい可愛い!!!」
ぺいんと「本性表したね」
らっだぁ「そ、そうだね...」
あれ?もしかしてこれ...困ってる!?
ヤバいヤバいヤバい俺のせいだ謝らないと...。
「ご、ごめんなさい...」
クロノア「えっ?いきなりどうしたの?」
「いや、だって困ってるみたいだったし...」
ぺいんと「誰が困ってるように見えた?」
「らっだぁさん」
らっだぁ「即答!?」
ぺいんと「じゃあ、らっだぁ罰としてらっだぁ1日間語尾ににゃんをつける」
らっだぁ「だから何で俺ばっかりなの?そろそろあいつだして斬らせるよ?」
ぺいんと「いや、あれはほんとにヤバい、最悪の場合死ぬ」
「そ、そんなに?」
ぺいんと「そんなに」
らっだぁ「で、どうなの?出すのか出さないのか、出さないなら俺に命令すんな」
ぺいんと「でもらっだぁの猫のやつ見たいんだもん!!好きだから!!!」
らっだぁ「っ...小さい声なら
ぺいんと「えっ?何て?」
らっだぁ「だから!!!小さい声ならいいよっていってるの!!!」
ぺいんと「えっ?マジで!?やってやって!!!」
らっだぁ「っ...一回だけだからね!!!...にゃ、にゃん...」
「可愛い...お持ち帰りしたい...」
らっだぁ「も、もうこれ以上はしないから!!!」
死神「命令ゲームどうします?」
ぺいんと・愛零・らっだぁ「そのまま中止で」
死神「あっ、はい」