無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

告白勝負
竹竺 狸葉津
獣獅野
先生の話が終わった後、狸葉津が俺の席に来た
竹竺 狸葉津
今日、忘れてないよね?
獣獅野 狼眞
もちろん!
今日は勝負当日
そう
今日楓に告白するんだ!
この日までにたくさんのことをした
楓が俺を選んでくれるために
竹竺 狸葉津
菜瑠ちゃんには言ってないよね?
獣獅野 狼眞
そりゃそうだろ
獣獅野 狼眞
てかなんであいつに言うんだよ?
竹竺 狸葉津
もしかしてって思ってね
竹竺 狸葉津
菜瑠ちゃん、いい子なんだけど口軽いからすぐ楓ちゃんの耳に入るんだ
獣獅野 狼眞
へー
たしかにあいつならやりかねない...
鳥伊 菜瑠
なーに?秘密の話し?
獣獅野 狼眞
うわっ!菜瑠!
鳥伊 菜瑠
どーもー
菜瑠が俺にもたれかかってだるそうに返事をした
獣獅野 狼眞
なんでこのタイミングでくるんだよ
鳥伊 菜瑠
んー?なんかおもしろそうな話ししてたからさー
鳥伊 菜瑠
それで?2人して楓になんかするの?
竹竺 狸葉津
うん...まぁちょっとね
鳥伊 菜瑠
えー!なになに?
獣獅野 狼眞
誰が言うかっての
鳥伊 菜瑠
いいじゃん!ケチー!!
あーもうめんどくさい...
竹竺 狸葉津
ごめんね!菜瑠ちゃん、どうしても言えないんだ
鳥伊 菜瑠
なにそれ
菜瑠が不満げに言う
獣獅野 狼眞
狸葉津!そんなやつにかまってないで、さっさと行くぞ!
竹竺 狸葉津
はいはーい
竹竺 狸葉津
ごめんね、菜瑠ちゃん
鳥伊 菜瑠
あ!ちょっと!2人とも!
菜瑠が呼ぶ声がするけどんなの知らん!
竹竺 狸葉津
ちょっと!待ってよ!
狸葉津の声で俺は走るのをやめた
獣獅野 狼眞
ふぃー
獣獅野 狼眞
ここまで来ればいいかな?
竹竺 狸葉津
充分だよ...
獣獅野 狼眞
で?楓はいつくるんだ?
竹竺 狸葉津
もう来てると思うよ
獣獅野 狼眞
いねぇけど?
竹竺 狸葉津
呼び出したの、校庭じゃなくて体育館だからね
獣獅野 狼眞
なんだよそれ!そういうことは早く言え!
そして俺はふたたび走り出した
竹竺 狸葉津
だから待ってて!!
俺達が体育館に着いたときには楓はもう来ていた
獣獅野 狼眞
楓!
竹竺 狸葉津
楓ちゃん!
野山 楓
あ!獣獅野くんに竹竺くん!
獣獅野 狼眞
よっ!待たせて悪い!
竹竺 狸葉津
ごめんね!
楓はなんか気づいたような顔をする
野山 楓
あ、じゃあ机の中に入っていた手紙は、2人の?
獣獅野 狼眞
おう!
野山 楓
どうしたの?急に
竹竺 狸葉津
あのね
竹竺 狸葉津
楓ちゃんに言いたいことがあるんだ
野山 楓
え?なに?
楓がそう言った瞬間、俺と狸葉津は声をそろえて言った
獣獅野 狼眞
好きです!!俺と付き合ってください!!
竹竺 狸葉津
好きです!!付き合って!!
野山 楓
え?
楓は状況に追いつけないのか困惑している
野山 楓
私のことが好き?
獣獅野 狼眞
おう!
竹竺 狸葉津
うん!
楓は一瞬戸惑った表情をした後
決心したように顔をひきしめた
そして_
野山 楓
ごめんなさい
野山 楓
獣獅野くん
獣獅野 狼眞
え?
楓は俺の名前を言った
そして狸葉津の方に歩み寄ると満面の笑みで言った
野山 楓
ありがとう
野山 楓
私も狸葉津くんのことが好き!
竹竺 狸葉津
ほんと!?ありがとう!!
そう言って狸葉津は楓を抱きしめる
野山 楓
うわっ!
楓は顔が真っ赤だ
そんな2人を見ていると自分が情けなくなった
獣獅野 狼眞
そっか...
ここ数日、心のどこかで分かっていた
楓は狸葉津が好きなんだって
でも気づかないようにしていた
心の奥底にしまい込んでふれないようにしていた
自分にも勝ち目はあると信じたかった
ちらっと狸葉津を見ると目線だけこっちに向けて、目で俺をあざわらっていた
悔しかった
でももうどうしようもない
俺は楓が幸せならそれでいい
人間になって楓が幸せになる手伝いをしたっということにすればいい
悲しいのは悔しいのは気のせいだ
これまでの努力は全部楓を幸せにするため
そう思えばいいだろ?狼眞
大丈夫
泣かなくていい
結果は決まっていたんだ
いまさら悲しむことはない
もうつかれたかもしれない
俺は思わず気を抜いてしまった
耳としっぽが飛び出る
垂れ下がっているけども
狸葉津と楓の幸せそうなところをもう一度見てから
俺は静かに体育館を出た