無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

計画
竹竺 狸葉津
いいか?狼眞。
獣獅野 狼眞
お、おう...。
俺は今、狸葉津の家にいる。なんでって?
実はこれから楓とどうするかを狸葉津に聞かれて、いつかデート?とかできたらいいなって感じのノリで答えたら...。
お前はなんも分かってないって怒鳴られて無理矢理連れてこられた...。
そんで狸葉津に言った方がいいかなぁって思って元狼だってことを伝えたら...。狸葉津の反応がヤバかったんだよなw。
再現するとこんな感じ。
竹竺 狸葉津
は!?いやいや。そんなわけないだろ?だって狼が人間になるなんてあるわけないし!ツクヨミ様?それ古事記に出てくる神様だろ!?そうなったらこの世界の色々なことが矛盾しまくるわけで...。
で、そうやってブツブツ言ってどうしても信じてくれないから狼の耳としっぽを出したらやっと信じてくれたんだよなー。
それでなんであの狸葉津の親父との電話を聞かれた納得したみたいだった。
そんで俺が元狼だから知らないだろって言われて狸葉津にデートの心得?ってやつを教えてもらえることになった。
それにしても狸葉津のすみかマジででけーんだよな...。どんだけでかいかっていうと俺のアパートの部屋全部で狸葉津の部屋と同じ、いやちょっと小さいぐらい。
そんでなんか狸葉津いわくお手伝いさん?とかもいるらしい。
つまり、俺の立場的なわけだ。一応俺はボスの息子だからな。だけどこんなに大切にされたことはない気がする...。
竹竺 狸葉津
初デートなら定番のところを回るのがいいだろう。
と、考えていたら狸葉津が語り出した。
ていばん?ってなんだ?
獣獅野 狼眞
例えば?
竹竺 狸葉津
水族館とか映画館とか。あと、動物園。あ、でも狼眞なら遊園地とかショッピングの方がいいかな?
ほへー。俺、全部聞いたことしかないけど。
獣獅野 狼眞
ふーん。でも先に言ったすいぞくかんってやつとかってなんでダメなんだ?
竹竺 狸葉津
だってお前、人間になったといっても狼の本能は残ってるだろ?魚類の鑑賞をする所なのにお前ならすぐ食べようとするだろ。
獣獅野 狼眞
んなことねぇって!
確かにすぐに食いつきたいけど!さすがにんなことしねぇって!
竹竺 狸葉津
あ、そう。あと、狼眞は世間知らずで子供ぽいからな。そういう所の方がいいかと言っただけだ。別にダメだとは言っていない。
獣獅野 狼眞
まぁ、そうだな。
竹竺 狸葉津
狼眞のことだから楓ちゃんに迷惑かけまくるだろうけど。
獣獅野 狼眞
おまっ!それどういう意味だよ?
竹竺 狸葉津
そのまんまの意味w。だって楓ちゃんは元々人間だからね。当たり前だけど。
獣獅野 狼眞
そうだけどさぁ...。
狸葉津はどこか楽しそうだ。
その後も狸葉津が色々と語ってたけど俺は特に理解できなかった。
竹竺 狸葉津
まぁ、ひととおりこんな感じ。どう?参考になった?
獣獅野 狼眞
あー。まぁ...。
本当は全然理解できてねぇけど。めんどくなりそうだから一応うなずく。
でも俺、狸葉津には悪いけど楓と最初に行きたい場所があるんだよね。
絶対想像つかないだろうけど。
その時のことはじっくり考えるつもり。だから帰ったら計画を練ろうと思うんだ!
かんばらねぇとな!