無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

証拠
どうも 狼眞です
俺は今
狸葉津のあとをつけてる
ストーカーとかいうやつじゃないから大丈夫だと思う...たぶん
そして今はきらきらしている店の前にいる
さすがに俺は入れないから外にいるけど
外からみると飯を食うところだと思う
獣獅野 狼眞
たっく...狸葉津のやつ苦労かけやがって...
ここにくるまでに変なところに行ったりとかあきらかに場違いなところに行ったりとか俺の苦労は計り知れなかった
自分で自分が怖い..よくがんばったよ俺...
それにしても狸葉津のやろう..今のところ変なことはしてないし、ただ一人で飯食おうとしてるだけだよな?
こんなんで本当にいいのかよ...
そもそもこんなことをしろと言ってきたのは仲山さんだ
”しょうこ”を見つければ楓も納得するって言ってた
最初はしょうことかんなの知るかぁぁぁぁぁってなってたけどなんとか理解できた
獣獅野 狼眞
いつになったら証拠ってやつがみつけられるんだよ...
仲山さんは気長に待てって言ってたけど、俺こういうのは向いてない...
じっとしてるなんて無理!!
そんなことを考えていると俺と同い年くらいの女が店に入って行った
そしてまっすぐ狸葉津のところに行って狸葉津と仲良さそうに話している
獣獅野 狼眞
誰だ?あの女...
見たことないやつだった
俺の学校にはいなかったはずだから他の学校のやつか?
一応俺は仲山さんに教えられた通りに写真を撮る
獣獅野 狼眞
ちゃんとできたよな?
使うのは初めてだったから心配だったけど結構簡単にできた
獣獅野 狼眞
うおっ!すっげー!
スマホの中に狸葉津と狸葉津と一緒にいる女がいた
どういうことだよ...狸葉津とあの女がこの中に入ったのか?
気になるけど今は後にしよう
俺はもう一度目線を狸葉津達に向けた
本当に仲良さそうに話している


初対面というわけではなさそうだ
しばらくして飯を食い終わったのか2人とも店から出て来た
俺はあわてて隠れる
竹竺 狸葉津
やっぱりこの店は絶品ですね
???
えぇ、そうですね
竹竺 狸葉津
今日は素敵な時間を過ごせて幸せでした
???
私もよ
竹竺 狸葉津
またお誘いしてもよろしいでしょうか
???
よろこんで
話しながら2人は行ってしまった
獣獅野 狼眞
結局なんなんだ?あの2人...
これ以上狸葉津を追っても意味がないよな...俺の勘がそう言っているし
俺はそこで家に帰った
次の日
昨日の学校がない休みの日も終わって今日は学校がある日
昨日はただでさえ疲れたのにこれからまた地獄の時間が始まる
でもその前に俺にはしなければいけないことがあった
獣獅野 狼眞
野山 楓
獣獅野くん...
俺は楓に声をかけた
獣獅野 狼眞
ちょっといいか?
野山 楓
えっと...
楓は一緒にいた菜瑠をチラリと見る
鳥伊 菜瑠
いってきたら?
野山 楓
うん
俺達は廊下に出た
野山 楓
なに?獣獅野くん
獣獅野 狼眞
あのさ..いきなりだけど狸葉津とはもう一緒にいない方がいいと思うよ
野山 楓
え?
楓は心底おどろいた顔をしている
そりゃそうだろう
いきなりこんなことを言われたんだから
野山 楓
なに..言ってるの?
獣獅野 狼眞
実は狸葉津はお前を利用しているんだよ
野山 楓
利用している?
獣獅野 狼眞
おう
野山 楓
なにに?
獣獅野 狼眞
取引を有利に行うことのために狸葉津はお前と付き合ったんだよ
楓はなにも言わない
混乱しているようだった
野山 楓
なに言ってんの?獣獅野くん
やっとしゃべったと思ったら、楓の声は怒りに満ちていた
野山 楓
なんでそんなでたらめなことを言うの?
野山 楓
獣獅野くんは私と狸葉津くんを引き離したいからそんなこと言ってるんでしょ?
獣獅野 狼眞
事実なんだよ
野山 楓
変なこと言わないで!!
楓が見た目に似合わない大声を出した
野山 楓
狸葉津くんは私を大切にしてくれている
野山 楓
好きだって言ってくれている
野山 楓
私は確かに獣獅野くんをふった
野山 楓
でも..そうだからってこんなことする必要はないでしょ!?
獣獅野 狼眞
本当のことなんだよ
野山 楓
証拠!証拠がないじゃん!!
獣獅野 狼眞
はい
俺は昨日撮った写真をスマホにうつし出して楓に渡した
楓は目を見開く
野山 楓
なに..これ...
獣獅野 狼眞
昨日撮ったんだよ
獣獅野 狼眞
十分な証拠だろ?
野山 楓
ご、合成でしょ!?
獣獅野 狼眞
そんなふうに見えるか?
楓はただその写真を見つめている
野山 楓
うそだ..うそだ...
獣獅野 狼眞
うそだと思うなら狸葉津に確かめてみればいい
獣獅野 狼眞
本当のことだからさ
楓は座り込んでしまった
竹竺 狸葉津
おーい
竹竺 狸葉津
もう授業始まるからはやく教室に入って!
その時狸葉津が教室から出てきた
竹竺 狸葉津
なにしてんの?
狸葉津は座り込んでいる楓と俺をまじまじと見る
竹竺 狸葉津
楓ちゃんどうしたの?狼眞にひどいことされた?
狸葉津は楓のそばに行ってしゃがみ込む
野山 楓
狸葉津くん...
竹竺 狸葉津
ん?なにそれ?写真?
狸葉津はスマホを覗き込んだ
そして顔色が変わっていく
竹竺 狸葉津
なんだよこれ...
獣獅野 狼眞
俺が撮った
狸葉津は立ち上がって俺の前まで来ると俺をにらめつけてきた
竹竺 狸葉津
狼眞どういうこと?
獣獅野 狼眞
それはこっちのセリフだっての
俺は狸葉津をにらみ返しながら写真を指さした
獣獅野 狼眞
この女だれだよ
竹竺 狸葉津
...
狸葉津が黙り込む
野山 楓
狸葉津くん..この子だれ?
楓が俺と同じ質問を繰り返す
狸葉津は深いため息をついた後顔を上げて_
竹竺 狸葉津
俺の婚約者だよ
そう笑って言った