無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

🐯


🐰side





てヒョイヒョンがジウンさんに引っ張られて出ていって






この部屋にはあなたさんと2人きり






テヒョイヒョンが言ってたとおり、凄く美人さんだった







〇〇
あ、じゃあ私達も打ち合わせ行きますか?
🐰
あ、はい!



荷物を持って5階の相談室まで行く





その途中





〇〇
あの、荷物持ちますか?
🐰
え?あ、大丈夫ですよㅎ
🐰
こんなの軽すぎるのでㅎㅎ
〇〇
力持ちですねㅎ



気が利く人で、




なんかテヒョイヒョンが一目惚れするのもわかる気がした








🐰
どうぞ、
〇〇
ありがとうございます!


1つ1つに礼儀正しくて







テヒョイヒョンには申し訳ないけど







僕の専属で嬉しくなった