無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

🐯



そして次の日





ドキドキしながら事務所に向かった






今日から僕の専属メイクさんが来るから






あなたさんならいいんだけどな、ㅎ








🐰
ヒョン?まだ元気ないですね
🐯
うん…ㅎㅎ
🐰
てヒョイヒョンがそんなに好きになる女性って
凄くいい人なんですねㅎ
🐯
うん!凄くいい人!!ㅎ



ぐがと一緒に事務所に向かって




あ、ちなみにぐがも専属メイクさんがつくんだよね







あなたさんのことを考えてると、









あっという間に事務所に到着









マネ『3階の1番奥の部屋にいますからね』
🐰
はい!
🐯
ありがとうございます




少しの期待を胸に




エレベーターで3階に上がり、









専属メイクさんが待ってるだろう扉を開けた