無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

🐯



BTSのステージをしている途中、




同じ専属メイクさんのジウンさんに声をかけられた








ジウン
ねぇ、
〇〇
どうしましたか?
ジウン
私がてひょんさんの専属よね?
〇〇
そうですね!
ジウン
ならてひょんさんに話しかけないで
ジウン
私の仕事奪わないでよ



確かに…



てひょんさんの専属はジウンさんだし




お仕事取っちゃったらジウンさんが会社に怒られちゃうよね、





また誰か傷つけるところだった……






〇〇
…ごめんなさい
〇〇
今後気おつけます!!
ジウン
それでいいのよㅎ
ジウン
あと、あのメイク道具片して
〇〇
あれ…ジウンさんのものじゃないんですか、?
ジウン
え?あんたこの仕事初めてなわけ?
〇〇
…初めてです
ジウン
じゃあ教えてくれてあげなきゃねㅎ
私はメイクさん2年目なの、
先輩のはあなたが片ずけるのよ
ジウン
早くしてよね




そうだった……




韓国って上下関係日本より厳しいの忘れてた





1番重要なのに、





〇〇
ごめんなさい!!
すぐに片付けますね
ジウン
当たり前でしょㅋㅋ





同期がジウンさんでよかった、




きっとジウンさんじゃなかったら怒られてたよ……