無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第118話

🐯
てひょんside




・




みんぎゅ
え、……なんで2人が




あの、気まづいシーンから逃げるように帰ってる途中、思った











みんぎゅとあなたと二人きりじゃん?!って





だから急いで戻ったら案の定押し倒してるし?











🐯
はい、帰るよー
みんぎゅ
うわぁぁやだやだ !!
🐰
あなたさん、また明日ね!!
〇〇
えっ?あ、…はい




少し状況を掴めてないあなたをおいて、僕とぐがは






みんぎゅを引っ張って出ていった










🐯
体から奪っちゃダメでしょ~ㅎㅎ
みんぎゅ
っ……うるさい
🐰
もうこんなことはやめてよね?






またあなたの家に戻られても困るから









この日はみんぎゅを付き合いまわした





















みんぎゅ
あぁ…ぬなと過ごしたかったのに、
🐯
無理に決まってんだろㅎㅎ
🐰
ほら~次はどこ行く?ㅎㅎ






みんぎゅが悪いんだし、ㅋㅋ