無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

🐯



・



🐯
あなた、僕がお皿洗うね !!
〇〇
大丈夫ですよㅎ
私が洗うのでゆっくりしてくださいㅎㅎ
🐯
だーめ、ㅎㅎ
あなたは体温めて?



そう言って頭をポンポンすると




少し顔を赤くして逃げるようにお風呂に行っちゃった







可愛かったなㅎ……照れてるの…かな?ㅎㅎ








🐯
台所も綺麗だ、




お風呂もそうだったけど、台所も綺麗で




急に人を入れてもなんの心配もないくらい




家は綺麗で、そういうところもあなたらしくて好きだなって、










🐯
早くあなた来ないかな~ㅎㅎ





お皿洗いも終わってソファに座るけど、





早くもあなたと居たいなㅎㅎ










🐯
お風呂上がりエロかったらどうしよっ…////



なんて呑気に考えて照れたりもしたㅎ