無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第111話

🐯



あれから20分、




やっと2人も起きたみたいで、




朝ごはんを食べた





🐰
んんっ…!!美味しい♡
〇〇
ほんとですか !!良かったですㅎㅎ
🐯
毎日あなたのご飯毎日食べてたい…(*ˊ꒳ˋ*)
〇〇
ありがとうございます…ㅎㅎ




2人ともお世辞ってくらいに褒めてくれて




ご飯作った甲斐があった









🐰
…それより、雨止んだね
🐯
あー、ほんとだ



そう言う2人はどこか悲しそうだった










〇〇
雨…好きなんですか?
🐯
んー、今だけ限定で好きかなっ?ㅎㅎ
🐰
今ならまた土砂降りになってもいいんですけどね~ㅎㅎ
〇〇
なんですかそれㅎㅎ




2人の意味の分からない会話に笑いながら








朝の時間も過ぎていった