無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第130話

🐯



てひょんside







隣の席でべろべろに酔ったヒョン達をマネが送って行って




僕達も帰ることに








うぬ
あなたどうしよっか、ㅎㅎ
うぬ
それに……じうんさんも、、ㅎ



そう、可愛いあなたはべろべろに酔ってて



じうんさんもウザイくらいによってる




あなただけで十分なのにさ !!‪💢💢









ラウン
あなたは今日私の家に泊めるので、
うぬさん、じうんさん頼みます !!
うぬ
え、僕あなたさんがいい←



え、今うぬなんて言った?





🐯
いや、ダメでしょ?ㅎㅎ
🐰
うぬは、じうんさん、、ふぁいてぃん




うぬこう見えて変態だから


今無防備なあなたを任せると絶対に食べるだろ←









🐯
じゃ、ラウンさんよろしくね~
ラウン
はい!お疲れ様で~す



ほんとなら僕が送りたいところだけど



明日もお仕事あるし、、また今度あなたのお家行こっ !!










うぬ
うわっ……まじ最悪






まぁ、うぬごめん










🐰
ㅋㅋ
うぬ
笑うな !!








一応笑える光景なのよ←