無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第114話

🐯



・



みんぎゅside




ぬなの頭の悪さのせいで2人も一緒に映画見ることに





なんなの、なんか距離近すぎでしょ










〇〇
そう言えば何か用事でもあった?
みんぎゅ
んー、ぬなに会いたかったんだ~ !!
〇〇
え、可愛い
みんぎゅ
可愛くないし、////




どうだ、僕だってぬなに好かれてる




1番好かれてるのは幼なじみのこの僕









🐯
うっわー、マウントとかだる
〇〇
調子悪いんですか?
🐯
違うよ~ ㅎㅎ
大丈夫 !!
〇〇
良かったです ㅎ



やだやだムカつく



昔もよく頭を抱えたぬなの天然さ、


大人になってもこんなに大変だなんて、









🐰
あなたさん、肩に頭おいていい ?
〇〇
あ、はい !!私の肩で良ければっ



そう言ってぐくは肩に持たれてるし




まじでムカつく










こいつら絶対ライバルだろ