無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第96話

🐯


あなたside







お風呂も上がり、てひょんがいるリビングに戻る








〇〇
てひょん、洗い物ありがとうございます !
🐯
うん !こちらこそ、ありがt……



私を見るなり、固まってしまった




え、…壊れたっ?










〇〇
て、てひょん……?



近づいて声をかけると





タコみたいに顔を真っ赤にして




俯いてしまった……










〇〇
あっ、……




私今すっぴんだ……見苦しすぎた、?






〇〇
ご、ごめんなさいっ//
今…メイクしてくるので !//



そう言ってリビングから出ようとすると





てひょんに腕を掴まれてしまった









🐯
っ……////
〇〇
あ、あまり見ないで…ください//



すっぴんだからあまり見て欲しくないのに




瞬きせずに顔を赤くして見てくるてひょん











まさか、





🐯
可愛すぎるっ…////





なんて言われるとは思わなかった